お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 17:15
ニューラルネットワークの集積ナノフォトニクス実装に適した回路構造探索
服部直樹増田 豊石原 亨名大)・塩見 準京大)・新家昭彦納富雅也NTTVLD2019-137 HWS2019-110
抄録 (和) 集積ナノフォトニクス技術の急速な発展を背景に,集積ナノフォトニクスに基づいてニューラルネットワークを構築する光ニューラルネットワークの研究が活発化している.光ニューラルネットワークは,ネットワークに光を通過させるだけで推論処理を完結できるためCMOSゲートに基づくニューラルネットワークより一桁以上の高速な推論処理が期待できる.本稿では,光通信技術の一つである波長分割多重を活用したベクトル行列積演算回路について述べる.また,ナノフォトニック受光器に基づく活性化回路を示す.最後に,ネットワークへの侵入検知システムを対象に,多層パーセプトロンの集積ナノフォトニクス実装に適した回路構造について議論する. 
(英) With a rapid progress of the integrated nanophotonics technology, optical neural networks
based on the integrated nanophotonics attract significant attention. This paper presents an optical neural network architecture which can perform inference processing at a speed of light. The architecture fully exploits optical parallelism of lights using wavelength division
multiplexing (WDM) in vector-matrix multiplication. The paper also presents a light-speed activation circuit based on nanophotonic O-E-O converter. Finally, using an intrusion detection system as an application, the paper explores appropriate circuit structures which can fully exploit ultra-low latency nature and optical parallelism of lights without degrading the inference accuracy.
キーワード (和) 光ニューラルネットワーク / 波長分割多重 / 侵入検知システム / / / / /  
(英) Optical Neural Network / Wavelength Division Multiplexing / Intrusion Detection System / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 443, VLD2019-137, pp. 251-256, 2020年3月.
資料番号 VLD2019-137 
発行日 2020-02-26 (VLD, HWS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2019-137 HWS2019-110

研究会情報
研究会 HWS VLD  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-07 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Ken Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術, ハードウェアセキュリティ, 一般 
テーマ(英) Design Technology for System-on-Silicon, Hardware Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2020-03-HWS-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ニューラルネットワークの集積ナノフォトニクス実装に適した回路構造探索 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Circuit Architecture Exploration for Optical Neural Network based on Integrated Nanophotonics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ニューラルネットワーク / Optical Neural Network  
キーワード(2)(和/英) 波長分割多重 / Wavelength Division Multiplexing  
キーワード(3)(和/英) 侵入検知システム / Intrusion Detection System  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 直樹 / Naoki Hattori / ハットリ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 豊 / Yutaka Masuda / マスダ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 亨 / Tohru Ishihara / イシハラ トオル
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩見 準 / Jun Shiomi / シオミ ジュン
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 新家 昭彦 / Akihiko Shinya / シンヤ アキヒコ
第5著者 所属(和/英) NTTナノフォトニクスセンタ (略称: NTT)
NTT Nanophotonics Center (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 納富 雅也 / Masaya Notomi / ノトミ マサヤ
第6著者 所属(和/英) NTT物性科学基礎研究所 (略称: NTT)
NTT Basic Research Center (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-06 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2019-137,IEICE-HWS2019-110 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.443(VLD), no.444(HWS) 
ページ範囲 pp.251-256 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2020-02-26,IEICE-HWS-2020-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会