お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 15:50
成層圏プラットフォームに向けた長方形アンテナによるマイクロ波無線電力伝送システム検討
中本悠太篠原真毅京大)・長谷川直輝太田喜元ソフトバンクWPT2019-69
抄録 (和) 通信エリア拡大や災害時通信に向けた新しい通信プラットフォームとして成層圏プラットフォームが注目を集めている.
成層圏プラットフォームは高度20km上空の成層圏に無人航空機を滞空させて,通信基地局として用いる通信インフラプラットフォームである.
この成層圏プラットフォームを長期間運用するためには無人航空機への軽量で安定した電力供給源が必須である.
その1つとして,マイクロ波無線電力伝送が提案されている.
マイクロ波無線電力伝送は電波を用いることで,遠距離でも無線で高効率に送電できる.
これまで成層圏プラットフォームに向けたマイクロ波無線電力伝送では送受電アンテナ共に円形の場合のみ検討が行われてきた.
しかし,無人航空機の形状を考慮すると受電アンテナは細長い長方形しか設置できない.
そこで,受電アンテナが細長い長方形の場合における無人航空機へのマイクロ波無線電力伝送システムの検討を行った.
本研究では,周波数,送電アンテナ形状,飛行経路を考慮して,飛行経路全体で受電する総受電電力が最大となるシステムを提案する. 
(英) The stratosphere platform is attracting attention as a new communication platform for communication area expansion and disaster communication.
Microwave power transfer has been proposed to compensate for the power shortage of unmanned aerial vehicles that will be used in this platform.
In previous studies, the transmitting and receiving antennas were considered circular.
However, considering the shape of the unmanned aerial vehicle, the receiving antenna can be installed in only an elongated rectangle.
Therefore, we propose an optimal system that takes into account the frequency, transmission antenna shape, flight path when the receiving antenna is rectangular.
キーワード (和) マイクロ波無線電力伝送 / 無線電力伝送 / 成層圏プラットフォーム / フェーズドアレイアンテナ / / / /  
(英) Microwave Power Transfer / Wireless Power Transfer / Stratospheric Platform / Phased Array Antenna / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 465, WPT2019-69, pp. 61-66, 2020年3月.
資料番号 WPT2019-69 
発行日 2020-02-28 (WPT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WPT2019-69

研究会情報
研究会 WPT  
開催期間 2020-03-06 - 2020-03-07 
開催地(和) 京都大学宇治キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線電力伝送技術・SPS技術・一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WPT 
会議コード 2020-03-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 成層圏プラットフォームに向けた長方形アンテナによるマイクロ波無線電力伝送システム検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Microwave Power Transfer to Rectangular Antenna for Stratospheric Platform 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波無線電力伝送 / Microwave Power Transfer  
キーワード(2)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless Power Transfer  
キーワード(3)(和/英) 成層圏プラットフォーム / Stratospheric Platform  
キーワード(4)(和/英) フェーズドアレイアンテナ / Phased Array Antenna  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中本 悠太 / Yuta Nakamoto / ナカモト ユウタ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 真毅 / Naoki Shinohara /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 直輝 / Naoki Hasegawa /
第3著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
Softbank Corporation (略称: Softbank Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 喜元 / Yoshichika Ohta /
第4著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
Softbank Corporation (略称: Softbank Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-06 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 WPT 
資料番号 IEICE-WPT2019-69 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WPT-2020-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会