お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 09:50
CCNベースプラットフォームCeforeを利用した非階層名前ICNの試作
水永健太郎小林亜樹工学院大IN2019-110
抄録 (和) コンテンツに付与された名前によって通信を行う,コンテンツ中心のネットワークアーキテクチャであるInfomation-Centric Networking(ICN)が提唱され,これに付随する複数の研究が存在している.その中で,Content-centric Networking(CCN)のソフトウェア実装におけるプロジェクトではコンテンツへ付与する名前を階層化することにより実装上の利便性を得ている. 階層化された名前はIPアドレスと比較して人間に理解しやすいものとなっている一方で階層化された名前の全てを利用者が知っている必要があり,利用者が負担するコストが大きいと考える. 利用者がコンテンツを取得する際の利便性を向上させるため様々な方向からのアプローチが考えられるが,本稿においては,階層を無視した非階層名前にて通信を行う手法を提案する. これを試作するにあたり,拡張性に富むとされるCeforeを利用した. Ceforeの性能調査とともに非階層名前による通信手法のCCNアーキテクチャへの実装を試作し,評価を行い,非階層名前での通信の可能性を明らかにした. 
(英) The Infomation Centric Networking (ICN), a content-centric network architecture that communicates by the name given to the content, has been proposed, and there are several studies associated with it.There are some merits caused by adopted the hierarchical content name to Content-centric Networking (CCN) software implementation projects. Even if the content name is hierarchized, it is easier for people to understand than the IP address. Due to the hierarchy, however, users need to know the complete content name according to the hierarchy, which is an overburden for the user. Although there are various approaches to improve the ease of use for users, we adopt a method that allows content to be specified by name ignoring the hierarchy. In this paper, we propose a method for implementing non-hierarchical names on a hierarchical name system. Because of its extensibility, we chose Cefore as the implementation platform. We report the prototype implementation and performance evaluation on the platform and show the possibility of communication using non-hierarchical names.
キーワード (和) ICN / CCN / Cefore / / / / /  
(英) ICN / CCN / Cefore / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 461, IN2019-110, pp. 189-194, 2020年3月.
資料番号 IN2019-110 
発行日 2020-02-27 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-110

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) Royal Hotel 沖縄残波岬 
開催地(英) Royal Hotel Okinawa Zanpa-Misaki 
テーマ(和) 一般
新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、研究会および併催のワークショップを中止します。
初日午後に第36回情報ネットワーク・ネットワークシステム研究ワークショップを開催します。 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CCNベースプラットフォームCeforeを利用した非階層名前ICNの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype implementation of flat naming scheme ICN on Cefore as the CCN platform 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ICN / ICN  
キーワード(2)(和/英) CCN / CCN  
キーワード(3)(和/英) Cefore / Cefore  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水永 健太郎 / Kentaro Mizunaga / ミズナガ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin Univercity (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 亜樹 / Aki Kobayashi / コバヤシ アキ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin Univercity (略称: Kogakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-06 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-110 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.189-194 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会