お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-06 09:10
AP移動を考慮した無線LAN環境におけるメディアアクセス制御SP-MACのスループット向上に関する検討
森田万裕小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大IN2019-104
抄録 (和) 近年,無線LANによるインターネット接続可能範囲の広域化を目指し,無線LANのAPを搭載した自動車等の移動体(以降,移動AP)を用いた通信制御の検討が行われている.移動APでは,一度の通信時間が短く,また頻繁にハンドオーバが行なわれる.連続した通信のためには,短い通信時間で高いスループットを得る必要がある.しかし,複数の移動APが存在すると,各APに接続する端末同士での競合が多発しスループットが低下する可能性がある.
ここで,IEEE802.11準拠の無線LANで用いられているCSMA/CAは,同一のAPに接続する端末数の増加に伴いデータフレームの衝突が発生する確率が増加する課題がある.その課題を解決するため,結合振動子の同期現象に基づくメディアアクセス制御(以降,SP-MAC)が提案されている.SP-MACは端末間での競合を効率的に回避可能であるため,移動APが存在する環境においても競合を回避可能と考えられる.
そこで,まず,本研究では,移動APが存在する環境にSP-MACを適用した時の基本的なスループットを評価する.次に,この結果を基にスループット向上を目指したSP-MACに基づく移動APの選択方式について提案する.シミュレーション評価により,提案方式は特定の条件においてスループットが向上することを確認した. 
(英) In recent years, a communication control using mobile objects such as cars equipped with WLAN(Wireless LAN) APs (we refer it as mobile APs) has been studied with the aim of widening the Internet connectable range by WLAN.
In mobile APs, the communication time is short and handovers are operated frequently. For continuous communication, it is necessary to obtain high throughput in a short communication time.
However, when there are multiple mobile APs, there is a possibility that a lot of competition between terminals connected to each AP occurs frequently and the throughput decreases.

Here, CSMA / CA used in IEEE802.11 compliant wireless LANs has a problem that the probability of data frame collision increases with the number of terminals connected to the same AP.
To solve the problem, a media access control based on the synchronization phenomenon of coupled oscillators (SP-MAC) has been proposed.
Since SP-MAC can effectively avoid contention between terminals, it is expected that contention can be avoided even in an environment where mobile APs exist.

Therefore, in this study, we first evaluate the basic throughput performance when SP-MAC is applied to the environment where the mobile AP exists. Next, based on this result, we propose a mobile AP selection method based on SP-MAC to achieve throughput improvement.
Through simulation evaluation, it is confirmed that the proposed method can improve the throughput under specific conditions.
キーワード (和) メディアアクセス制御 / 移動通信 / 無線LAN / 車両通信 / / / /  
(英) Media Access Control / Mobile Communication / WLAN / V2X / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 461, IN2019-104, pp. 153-158, 2020年3月.
資料番号 IN2019-104 
発行日 2020-02-27 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-104

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) Royal Hotel 沖縄残波岬 
開催地(英) Royal Hotel Okinawa Zanpa-Misaki 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AP移動を考慮した無線LAN環境におけるメディアアクセス制御SP-MACのスループット向上に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Throughput Improvement of Media Access Control SP-MAC on WLAN Considering Mobility of AP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メディアアクセス制御 / Media Access Control  
キーワード(2)(和/英) 移動通信 / Mobile Communication  
キーワード(3)(和/英) 無線LAN / WLAN  
キーワード(4)(和/英) 車両通信 / V2X  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 万裕 / Mayu Morita / モリタ マユ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 博靖 / Hiroyasu Obata / オバタ ヒロヤス
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ チサ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-06 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-104 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会