お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 14:50
[オンライン] デュアルタスク歩行解析に基づく高齢者の認知機能スコア推定
松浦 拓大倉史生槇原 靖周 成菊青木工太阪大)・満上育久広島市大)・八木康史阪大HCS2019-99
抄録 (和) Mini-Mental State Examination(MMSE)などの紙ベースの認知症スクリーニングテストは低コストで実施できる一方,問題が固定されているなどの理由により日常的な計測に向かない.従来研究より,複数のタスクを同時に行うことは認知症の検出に有効であることが報告されている.そこで本研究では日常的にデュアルタスクを行い,高齢者の歩行の様子を分析するシステムを開発した.本システムを15の高齢者施設に常設し,500人以上の高齢者から30,000以上の体験データを収集している.収集されたデュアルタスクデータから認知症に関連する12種類の特徴を算出し,機械学習を用いてMMSEスコアの推定実験を行った.3施設から得られたデータを用いた結果,MMSEスコア27点未満の再現率と特異度の和は1.7を超える推定精度が得られた. 
(英) Paper-based exams for dementia screening such as Mini-Mental State Examination (MMSE) are not suitable for daily inspection. As previous studies have shown that performing multiple tasks simultaneously is effective in detecting dementia, we developed a system to analyze the gait of elderly people while performing dual tasks in a daily manner. Our system has been installed in 15 elderly facilities and more than 30,000 data are collected from more than 500 elderly people. To investigate the relationship between dual-task gait and the traditional cognitive score, we extracted 12 features related to dual-task gait and estimated the MMSE score using a machine learning method. Using data from three facilities, the sum of recall and specificity for the detection of persons with lower MMSE scores (less than 27 points) was more than 1.7.
キーワード (和) 認知症 / デュアルタスク / 機械学習 / / / / /  
(英) Dementia / Dual-task / Machine learning / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 447, HCS2019-99, pp. 83-88, 2020年3月.
資料番号 HCS2019-99 
発行日 2020-02-26 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2019-99

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-05 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online Meeting 
テーマ(和) スポーツとコミュニケーション,および一般 
テーマ(英) Sports and Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2020-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) [オンライン] デュアルタスク歩行解析に基づく高齢者の認知機能スコア推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) [Online] Estimation of cognitive scores in elderly via dual-task gait analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 認知症 / Dementia  
キーワード(2)(和/英) デュアルタスク / Dual-task  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 拓 / Taku Matsuura / マツウラ タク
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大倉 史生 / Fumio Okura / オオクラ フミオ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 槇原 靖 / Yasushi Makihara / マキハラ ヤスシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 成菊 / Chengju Zhou /
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 工太 / Kota Aoki / アオキ コウタ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 満上 育久 / Ikuhisa Mitsugami / ミツガミ イクヒサ
第6著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 康史 / Yasushi Yagi / ヤギ ヤスシ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 14:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2019-99 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.447 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2020-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会