お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 14:30
Wi-SUN FANネットワークにおける伝送特性向上のための経路構築法
平川 怜奥村亮太水谷圭一原田博司京大SRW2019-73
抄録 (和) 近年,屋外通信インフラストラクチャを志向したInternet of Things (IoT) 向け無線通信規格Wireless Smart Ubiquitous Network Field Area Network (Wi-SUN FAN) が注目を集めている.Wi-SUN FANでは,複数のチャネルを切り替えながら用いることで,異なるノードに対する通信間での干渉を回避する周波数ホッピングが行われる.また,ルーティングプロトコルとして,各ノードが自律的に親ノードを選択し経路を構築・維持するInternet Protocol version 6 Routing Protocol for Low-power and Lossy Networks (RPL) を使用し,マルチホップ通信が行われる.しかし,ノード配置などの要因により多数のノードが同一の親ノードに接続し,特定のノードにトラヒックが集中する場合には,周波数ホッピングによる干渉回避が不可能であり,通信品質が劣化する.本稿では,まず計算機シミュレーションによって,既存のWi-SUN FANの伝送特性を評価し,特定のノードにトラヒックが集中した場合に伝送特性が劣化することを示す.次に,特定ノードにおけるトラヒック集中を緩和し,伝送特性を向上するために,子ノード数制限を利用した高伝送効率経路構築法を提案する.提案手法を用いた場合も計算機シミュレーションによって評価し,子ノード数の制限が伝送特性の改善に有効であることを示す. 
(英) In recent years, the Wireless Smart Ubiquitous Network Field Area Network (Wi-SUN FAN), which is a wireless communication standard for the Internet of Things (IoT) in outdoor infrastructures, has been attracting attentions. The Wi-SUN FAN adopts the frequency hopping that avoids interference between signals by switching channels. In addition, the multi-hop communication is supported by using the Internet Protocol version 6 Routing Protocol for Low-power and Lossy Networks (RPL), in which each node autonomously selects a parent node and constructs a route. However, when many nodes connect to the same parent node by factors such as node placement and traffic is concentrated on a specific node, it is impossible to avoid the interference by the frequency hopping, so the communication quality deteriorates. In this paper, we evaluate the transmission characteristics of existing Wi-SUN FAN and show that the transmission characteristics deteriorate when traffic is concentrated on a specific node. Next, we propose a route construction method using the limitation of the number of child nodes to improve transmission characteristics by alleviating the traffic concentration. In addition, we evaluate the proposed method and show that limiting the number of child nodes is effective for improving the transmission characteristics.
キーワード (和) Wi-SUN / Wi-SUN FAN / RPL / 周波数ホッピング / / / /  
(英) Wi-SUN / Wi-SUN FAN / RPL / Frequency Hopping / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 450, SRW2019-73, pp. 69-74, 2020年3月.
資料番号 SRW2019-73 
発行日 2020-02-26 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2019-73

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2020-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Wi-SUN FANネットワークにおける伝送特性向上のための経路構築法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Routing Method for Improvement of Transmission Performance in Wi-SUN FAN Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wi-SUN / Wi-SUN  
キーワード(2)(和/英) Wi-SUN FAN / Wi-SUN FAN  
キーワード(3)(和/英) RPL / RPL  
キーワード(4)(和/英) 周波数ホッピング / Frequency Hopping  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平川 怜 / Rei Hirakawa / ヒラカワ レイ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 亮太 / Ryota Okumura / オクムラ リョウタ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2019-73 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2020-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会