お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 11:20
無線LAN環境における配信範囲を限定した移動アクセスポイントによる情報配信制御
小田木良介三浦圭輝小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大IN2019-90
抄録 (和) 災害時に迅速な避難を実現するためには, 避難情報を高速かつ確実に避難者に届ける必要がある. このような避難情報を配信する代表的な方法の一つとしてエピデミック通信があるが, エピデミック通信は無秩序に情報拡散を行う. このような問題点を解決する方法として, 無秩序な情報拡散を抑えながら情報を配信する情報フローティングが提案されている. また, 移動車両に搭載された無線LANアクセスポイント(以降, 移動AP)を利用することで広域に存在する端末に対して無線LAN接続を可能とする技術も検討されている. この移動APを避難情報の配信方法に用いることで広域かつ高速に配信できる可能性がある. さらに, 情報フローティングの考えに基づき配信範囲を制限することで, 移動AP間の干渉によるデータの送信失敗を防ぎ, より効率的に情報を提供できる可能性がある. しかしながら, これまでに移動APによる情報配信の通信特性は十分に評価されていない. 本研究では, 移動APを導入した情報配信(以降, 移動AP情報配信)の通信効率の向上を目指し, 配信範囲を限定した移動AP配信制御を提案する. シミュレーション評価の結果, 提案方式は配信範囲を限定しない移動AP情報配信に比べて高速に情報配信可能なことを確認した. 
(英) Evacuation information must be certainly delivered to evacuees in order to achieve rapid evacuation when a disaster occurs. Although an epidemic communication is one of the typical methods for distributing such evacuation information, it disordered spread of information. An information floating has been proposed as a method to solve this problem. Also, the previous study shows that a moving vehicle such as an automobile equipped with WLAN(wireless LAN) AP(Access Point) (we refer it as mobile AP) enables to connect with terminals which exist in a wide area. Furthermore, by using mobile APs which limits the distribution range based on information floating, it can prevents data transmission failure due to interference between mobile AP and prevents disordered spreading information. Consequently, it can distribute information more efficiently. However, the previous studies have not sufficiently evaluated the communication characteristics of information distribution by mobile AP. Therefore, in order to improve the communication efficiency of information distribution based on mobile AP, we propose the information distribution control with limited distribution range on mobile AP. The simulation evaluations show that the proposed method can distribute information faster than one without limited distribution range.
キーワード (和) 無線LAN / 移動アクセスポイント / 情報配信 / 情報フローティング / / / /  
(英) WLAN / Mobile AP / Information distribution / Information floating / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 461, IN2019-90, pp. 85-90, 2020年3月.
資料番号 IN2019-90 
発行日 2020-02-27 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-90

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) Royal Hotel 沖縄残波岬 
開催地(英) Royal Hotel Okinawa Zanpa-Misaki 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LAN環境における配信範囲を限定した移動アクセスポイントによる情報配信制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Information Distribution Control with Limited Distribution range based on Mobile Access Point over Wireless LAN Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / WLAN  
キーワード(2)(和/英) 移動アクセスポイント / Mobile AP  
キーワード(3)(和/英) 情報配信 / Information distribution  
キーワード(4)(和/英) 情報フローティング / Information floating  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田木 良介 / Ryosuke Odani / オダギ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 圭輝 / Yoshiki Miura / ミウラ ヨシキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 博靖 / Hiroyasu Obata / オバタ ヒロヤス
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ チサ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-90 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会