お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 16:35
交流雑音の周波数変動に耐性のある臨床用適応ノイズキャンセラ
福田有哉戸田尚宏愛知県立大MBE2019-91
抄録 (和) 臨床診断では,微小な生体電気信号の測定において交流雑音が障害となるため,適応フィルタを用いた適応ノイズキャンセラによってこれを除去する方法が実用化されている。しかしながら,交流雑音が周波数変動を起こす場合,理想的なフィルタ係数も変動する.このとき,アルゴリズムの適応性が周波数変動に比較して遅い場合,雑音除去性能は悪くなる.一方で適応速度が速すぎても測定対象とする生体信号自身の影響によって性能が悪化する.Matsubaraはπ/2の位相遅れ素子を用いた方法を提案した.しかしながらその方法は雑音源から主入力への周波数応答が平坦である場合を仮定していた.そこで本研究はその周波数応答が微分特性(周波数に対し比例的に増大)を持つ場合について新しい方法を提案する.数値例においては周波数変動のある状況下で,従来法に比較して良好な性能を有する事を示した. 
(英) In clinical diagnostics periodic interference frequently affects the measurement of small signals and causes problems. Adaptive filters can be used as potential tools for cancelling such interference. However, when the interference has a frequency fluctuation, the ideal adaptive filter coefficients for cancelling the interference also fluctuate. When the adaptation property of the algorithm is slow compared with the frequency fluctuation, the interference-cancelling performance is degraded. On the other hand, if the adaptation is too quick, the performance is degraded owing to the target signal, too. To overcome this problem, Matsubara proposed an adaptive filter that suppresses the fluctuation of the ideal coefficients by utilizing a π/2 phase delay device. However, the method assumes a frequency response that characterizes the transmission path from the interference source to the main input signal to be sufficiently constant. Here, we propose a method that fits cases where the frequency response has differential characteristics (proportional to frequency) . In the numerical examples, the proposed method exhibits good performance in the presence of a frequency fluctuation in comparison with the conventional method.
キーワード (和) 交流雑音 / 適応フィルタ / 微分特性 / / / / /  
(英) Periodic interference / Adaptive filter / Differential characteristics / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 452, MBE2019-91, pp. 57-62, 2020年3月.
資料番号 MBE2019-91 
発行日 2020-02-26 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2019-91

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-06 
開催地(和) 電気通信大学 
開催地(英) University of Electro Communications 
テーマ(和) NC, ME, 一般 
テーマ(英) Neuro Computing, Medical Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2020-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 交流雑音の周波数変動に耐性のある臨床用適応ノイズキャンセラ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Adaptive Noise Canceller for Clinical Use in the Presence of Frequency-Varying AC Noise 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 交流雑音 / Periodic interference  
キーワード(2)(和/英) 適応フィルタ / Adaptive filter  
キーワード(3)(和/英) 微分特性 / Differential characteristics  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 有哉 / Yuya Fukuta / フクタ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 尚宏 / Naohiro Toda / トダ ナオヒロ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2019-91 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.452 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2020-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会