お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 14:05
シート状導波路を用いた長距離無線電力伝送
増田祐一東大)・平野義明根岸毅人帝人)・篠田裕之東大SRW2019-72
抄録 (和) シート状導波路による従来の無線電力伝送の研究では2.4 GHzでの利用が検討され,給電範囲は卓上程度の大きさに限定されていた.使用周波数,導波路の表面導体パターン,カプラサイズ等を見直し,伝送範囲を数10 m規模に拡大することが本研究のゴールである.本稿ではシート状導波路を用いた長距離無線電力伝送システムの設計手法を提案し,その一例として設計したシステムの伝送効率と伝送距離を電磁界シミュレーションにて評価する.シート構造の簡便さ,敷設の容易さ,空間への電磁場の漏出の抑制,については従来のシート状導波路と同様でありながら,使用周波数は6.78MHzまで低下させることができ,実用的な高効率給電が確認できた.また,擬似的な人体モデルを用いたシミュレーションでは,電源から20 m離れた負荷に対して3 kW以上の電力を安全基準を守りつつ供給可能である結果を得た. 
(英) In research on conventional waveguide power transmission using a sheet-like waveguide with 2.4 GHz, a transmission range was limited to tabletop size. Our goal is extending the transmission range to several tens of meters by modifying the operating frequency, surface conductor pattern, and coupler size. This paper shows that a design method of a long-distance waveguide power transmission system using a sheet-like waveguide. Simulated result shows that the practical transmission efficiency is achieved with 6.78 MHz while maintaining the characteristics of the conventional sheet such as the simplicity of the seat structure, the ease of installation, and the suppression of electromagnetic field leakage into space. Simulations using a simulated human body model shows that a power of 3 kW or more could be supplied to a load 20 m away from the power supply while complying with safety standards.
キーワード (和) 無線電力伝送 / 二次元通信 / 電界結合方式 / kQ積 / / / /  
(英) Wireless Power Transmission / Two-dimensional Communication / Electric Field Coupling System / kQ product / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 450, SRW2019-72, pp. 63-68, 2020年3月.
資料番号 SRW2019-72 
発行日 2020-02-26 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2019-72

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2020-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シート状導波路を用いた長距離無線電力伝送 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Long-distance wireless power transmission using a sheet-like waveguide 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / Wireless Power Transmission  
キーワード(2)(和/英) 二次元通信 / Two-dimensional Communication  
キーワード(3)(和/英) 電界結合方式 / Electric Field Coupling System  
キーワード(4)(和/英) kQ積 / kQ product  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 祐一 / Yuichi Masuda / マスダ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 義明 / Yoshiaki Hirano / ヒラノ ヨシアキ
第2著者 所属(和/英) 帝人株式会社 (略称: 帝人)
TEIJIN LIMITED (略称: TEIJIN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 根岸 毅人 / Tsuyoto Negishi / ネギシ ツヨト
第3著者 所属(和/英) 帝人株式会社 (略称: 帝人)
TEIJIN LIMITED (略称: TEIJIN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠田 裕之 / Hiroyuki Shinoda / シノダ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2019-72 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2020-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会