お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 09:10
輻輳ウィンドウサイズがMPTCP負荷分散機能に与える影響
鈴東佑馬西村俊和毛利公一瀧本栄二立命館大IN2019-76
抄録 (和) MPTCPは複数のパスを同時利用して通信を行うため,通信性能の異なるパスが混在する環境で通信が行われる可能性がある.そのような通信環境において,RTTが十分に小さいサブフローが存在する場合には当該サブフローの輻輳ウィンドウサイズが上がらず,MPTCP通信全体の性能が悪化するという課題が存在する.そこで本稿では,RTTが十分に小さいサブフローが存在する場合に輻輳ウィンドウサイズを調整することによる負荷分散機能の改善を図る.簡易実装による評価の結果,提案手法によってサブフロー分配率の改善とスループット向上が確認できた. 
(英) Since MPTCP uses multiple paths simultaneously to communicate, MPTCP performance will be influenced by coexisting paths that have different characteristics. Especially, in the case of existing a subflow having short RTT, the congestion window size (cwnd) of the subflow doesn't grow enough. This leads to the performance of MPTCP degrade significantly. In this paper, we propose the method that adjusts a cwnd of such subflow to a cwnd of the other subflow. The results of experiments with the simplified implementation showed that the proposed method improved load balancing and throughput.
キーワード (和) MPTCP / 輻輳ウィンドウ / 負荷分散 / / / / /  
(英) MPTCP / Congestion window / Load Balancing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 461, IN2019-76, pp. 1-6, 2020年3月.
資料番号 IN2019-76 
発行日 2020-02-27 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-76

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) Royal Hotel 沖縄残波岬 
開催地(英) Royal Hotel Okinawa Zanpa-Misaki 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 輻輳ウィンドウサイズがMPTCP負荷分散機能に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influence of congestion window size on load distribution mechanism of MPTCP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MPTCP / MPTCP  
キーワード(2)(和/英) 輻輳ウィンドウ / Congestion window  
キーワード(3)(和/英) 負荷分散 / Load Balancing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴東 佑馬 / Yuma Suzuhigashi / スズヒガシ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 俊和 / Toshikazu Nishimura / ニシムラ トシカズ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 毛利 公一 / Koichi Mouri / モウリ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧本 栄二 / Eiji Takimoto / タキモト エイジ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-76 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会