お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-05 10:40
WLAN密集環境におけるスループット公平性を改善する数理モデルに基づくキャプチャ効果を用いたメディアアクセス制御
三浦圭輝小畑博靖高野知佐石田賢治広島市大IN2019-88
抄録 (和) 複数無線LAN(WLAN)システムが密集する環境において, キャプチャ効果を考慮し, WLAN間およびWLAN内におけるフレーム衝突に対応したメディアアクセス制御であるSACA(Semi-Active CW Adaptation)方式に対して, スループット公平性と高い合計スループットの両立を目指したWLAN間距離に応じた動的なバックオフ時間再利用回数の閾値設定方法が提案されている. しかし, この方法はキャプチャ効果によるスループット向上がSACA方式に比べると十分ではない. そこで, 本稿では生物の個体数が飽和する様子を表した数理モデルの一種であるロジスティック関数に基づいた再利用回数の閾値設定方式を提案する. また, 提案方式の有効性をシミュレーション実験により評価する. その結果, 提案方式はWLAN間距離が小さい場合において, 従来のSACA方式に比べてスループットの公平性を改善しつつ, 既存のCSMA/CAに比べて高く, かつ, SACA方式と同程度の合計スループットを獲得できることを確認した. 
(英) In an environment where multiple wireless LAN (WLAN) systems are densely placed, SACA (Semi-Active CW Adaptation) method has been proposed as media access control considering the capture effect in order to solve frame collisions within WLAN and among WLANs. Furthermore, a dynamic threshold setting method that controls the number of reusing back-off time which is used for continuous transmission with same waiting time in SACA method according to the distance between WLANs has been proposed in order to realize improving throughput fairness and higher total throughput. However, this method is insufficient to improve throughput by the capture effect compared with SACA method. To cope with this problem, in this paper, we propose a new dynamic threshold setting method of the number of reusing back-off time based on a logistic function of a mathematical model that represents how the population of biology saturates.We also evaluate effectiveness of the proposed method by simulation experiments. As a result, the proposed method can improve the throughput fairness compared with SACA method when the distance between WLANs is short. Furthermore, the proposed method can obtain high throughput same as SACA method and higher than CSMA/CA.
キーワード (和) 無線LAN / キャプチャ効果 / スループット公平性 / ロジスティック関数 / / / /  
(英) Wireless LAN / Capture Effect / Fairness of Throughput / Logistic Function / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 461, IN2019-88, pp. 73-78, 2020年3月.
資料番号 IN2019-88 
発行日 2020-02-27 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2019-88

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2020-03-05 - 2020-03-06 
開催地(和) Royal Hotel 沖縄残波岬 
開催地(英) Royal Hotel Okinawa Zanpa-Misaki 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2020-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WLAN密集環境におけるスループット公平性を改善する数理モデルに基づくキャプチャ効果を用いたメディアアクセス制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Media Access Control using Capture Effect based on Mathematical Model for Improving Throughput Fairness over Densely placed WLANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / Wireless LAN  
キーワード(2)(和/英) キャプチャ効果 / Capture Effect  
キーワード(3)(和/英) スループット公平性 / Fairness of Throughput  
キーワード(4)(和/英) ロジスティック関数 / Logistic Function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 圭輝 / Yoshiki Miura / ミウラ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小畑 博靖 / Hiroyasu Obata / オバタ ヒロヤス
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 知佐 / Chisa Takano / タカノ チサ
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 賢治 / Kenji Ishida / イシダ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-05 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2019-88 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2020-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会