お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-04 09:50
ミリ波帯無線通信システムを用いた環境形状イメージングによる反射経路同定法
三宅祐人金 ミンソク新潟大)・高田潤一東工大SRW2019-63
抄録 (和) スマートホーム・スマートビルディングに向けた多重波伝搬経路を用いるデバイスフリー屋内測位法が検討されている.この手法を実現するためには周囲環境の正確な形状を事前に把握する必要がある.本研究では,WiGig超高速無線LANや第5世代移動通信のようなミリ波帯無線通信システムを用いた環境形状イメージング法の開発を目指す.具体的には,デバイスノードを一定の軌道に沿って移動させ,アンカーノードで取得された伝搬路特性の変化を用いて周囲環境の形状を学習しデータ入力を自動化する手法を検討した.特に,高い遅延時間分解能と角度分解能を持つといったミリ波の特徴を活用し性能の向上を図った多次元キルヒホッフマイグレーション(Kirchoff Migration:KM)法を開発し,レイトレーシングシミュレーションによる原理の確認と性能評価を行った. 
(英) Aiming at realizing sensing of the surrounding environment for smart homes/smart buildings, device-freelocalization methods using multi-path propagation have gained interest. To realize such methods the accurate en-vironmental information should be obtained in advance. In this study the environment imaging method usingmillimeter-wave (mm-wave) ratio such as WiGig and 5G mobile communications was developed. In more detail,the anchor nodes estimate the virtual anchor positions by imaging the surrounding large objects like walls whilea device node as an agent is moving around the target area. Specifically, a multi-dimensional Kirchoff Migration(KM) method that improves the performance by utilizing the high-resolution of mmwave systems such as high delaytime and angular resolution was developed. The principle was verified and the performance was evaluated by raytracing simulation.
キーワード (和) ミリ波 / キルヒホッフマイグレーション法 / 伝搬環境イメージング / ビームフォーミング / 角度分解能 / / /  
(英) Millimeter-wave / Kirchoff Migration Method / Environmental Imaging / Beamforming / Angle resolution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 450, SRW2019-63, pp. 21-26, 2020年3月.
資料番号 SRW2019-63 
発行日 2020-02-26 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2019-63

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2020-03-04 - 2020-03-06 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2020-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波帯無線通信システムを用いた環境形状イメージングによる反射経路同定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-path Identification based on Environmental Imaging Technique using Millimeter-wave Radio Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / Millimeter-wave  
キーワード(2)(和/英) キルヒホッフマイグレーション法 / Kirchoff Migration Method  
キーワード(3)(和/英) 伝搬環境イメージング / Environmental Imaging  
キーワード(4)(和/英) ビームフォーミング / Beamforming  
キーワード(5)(和/英) 角度分解能 / Angle resolution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 祐人 / Yuto Miyake / ミヤケ ユウト
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata Univ (略称: Niigata Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 ミンソク / Minseok Kim / キム ミンソク
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata Univ (略称: Niigata Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Tech (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-04 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2019-63 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.450 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2020-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会