お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-03 09:00
[ポスター講演]対向型超音波センサアレイによる無指向性音源の基礎検討
岡本恭佳大久保 寛首都大東京EA2019-147 SIP2019-149 SP2019-96
抄録 (和) 無指向性音源は様々な用途で用いられており,古くから研究が行われている.一方,超音波センサについては,音響センシングにおける送受器やアレイ化したパラメトリックスピーカなどが研究されている.本研究では,超音波センサアレイを対向させて配置し,非線形性を利用し,差音による放射を利用することで,従来よりもより小さく軽い無指向性音源を実現することを目的としている.本報告では,実際に対向型超音波センサアレイ音源を作成し,実験的に音源の周波数特性や指向性を評価した.これにより,薄型の円環,球などよりデザイン性の高い無指向性スピーカを作成することも可能となる. 
(英) Omnidirectional sound sources have been used for various purposes and have been studied for a long time. Ultrasonic sensors have been studied for transmitters and receivers in acoustic sensing and arrayed parametric
loudspeakers, and non-contact manipulation. The purpose of this study is to realize an omnidirectional sound source that is smaller and lighter than before by arranging ultrasonic sensor arrays facing each other, using nonlinearity, and using differential sound explicitly.In this report, we fabricated sound source employing a facing ultrasonic sensor array, and evaluated the frequency characteristics and directivity of the sound source experimentally. This result suggests that it is possible to create omnidirectional loudspeakers with higher design like a ring and polyhedron.
キーワード (和) 超音波センサアレイ / 無指向性音源 / 無指向性スピーカ / 差音 / 音響クロストーク / / /  
(英) ultrasonic sensor array / omni-directional sound source / omni-directional speaker / differential sound / acoustic crosstalk / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 439, EA2019-147, pp. 267-271, 2020年3月.
資料番号 EA2019-147 
発行日 2020-02-24 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2019-147 SIP2019-149 SP2019-96

研究会情報
研究会 SP EA SIP  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2020-03-SP-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対向型超音波センサアレイによる無指向性音源の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Basic Examination on Omni-Directional Sound Source Using Facing Ultrasonic Sensor Arrays 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波センサアレイ / ultrasonic sensor array  
キーワード(2)(和/英) 無指向性音源 / omni-directional sound source  
キーワード(3)(和/英) 無指向性スピーカ / omni-directional speaker  
キーワード(4)(和/英) 差音 / differential sound  
キーワード(5)(和/英) 音響クロストーク / acoustic crosstalk  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 恭佳 / Kyoka Okamoto /
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: TMU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 寛 / Kan Okubo /
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: TMU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-03 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2019-147,IEICE-SIP2019-149,IEICE-SP2019-96 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.439(EA), no.440(SIP), no.441(SP) 
ページ範囲 pp.267-271 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2020-02-24,IEICE-SIP-2020-02-24,IEICE-SP-2020-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会