お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-03 15:40
プレフィクスの送信元を保証するためのPKIを用いたOSPFv3拡張
居石峻寛松浦健二徳島大)・大平健司阪大SITE2019-100 IA2019-78
抄録 (和) 組織内ネットワークで不正アクセスやマルウェアなどのインシデント発生時に,然るべき措置をとるためにIPパケットの送信元を調べることがある.
そのためIIPアドレスとルータやサブネットを対応付け,管理することが必要である.
OSPFv3ではセキュリティ対策として事前共有鍵によるメッセージ認証と暗号化のみを行っており,ルータは任意のプレフィクスを利用することが可能となっている.
したがって,ルータとプレフィクスが必ずしも高い信頼性のもとに対応付けられているわけではない.
本研究ではOSPFv3を拡張することで,ルータとプレフィクスを高い信頼性のもとに対応付けて管理する手法を提案し評価する. 
(英) In the investigation of incidents, investigators identify a source of IP packet to perform countermeasures.
Therefore, mechanisms to associate IP addresses to a router is needed.
OSPFv3 performs only message authentication and encryption with pre-shared keys for security.
For this reason, we propose a new method to ensure association prefixes to a router and manage it.
We evaluate our proposal.
キーワード (和) OSPFv3 / 公開鍵認証基盤 / / / / / /  
(英) OSPFv3 / PKI / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 435, IA2019-78, pp. 175-180, 2020年3月.
資料番号 IA2019-78 
発行日 2020-02-24 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2019-100 IA2019-78

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) 名古屋大学 東山キャンパス 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2020-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プレフィクスの送信元を保証するためのPKIを用いたOSPFv3拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A PKI Extension of OSPFv3 to Ensure Source of Prefixes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OSPFv3 / OSPFv3  
キーワード(2)(和/英) 公開鍵認証基盤 / PKI  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 居石 峻寛 / Takahiro Oriishi / オリイシ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 健二 / Kenji Matsuura / マツウラ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 健司 / Kenji Ohira / オオヒラ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-03 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2019-100,IEICE-IA2019-78 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.434(SITE), no.435(IA) 
ページ範囲 pp.175-180 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2020-02-24,IEICE-IA-2020-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会