お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-03 12:50
学習支援システムのデータの利活用および管理に関する検討
多川孝央藤村直美九大SITE2019-98 IA2019-76
抄録 (和) 大学などの教育機関ではノートPCの携行を授業の前提とするBYODの方針が進められ,これと対になる形で授業単位で資料の閲覧やテストの実施などの環境を提供する学習支援システムの利用も広がっている.さらに近年,この学習支援システムのデータを授業の範囲のみならず幅広く利用しようという教育データの利活用に関する動きが活発になっているが,このようなデータの組織における位置づけは必ずしも定まっておらず管理に関する方針なども曖昧なことが多い.本稿ではこれらについて議論と検討を行う. 
(英) Recently LMS(Leaning Management System) is becoming fundamental infrastructure for universities and colleges with the growing trend of BYOD, and the collection of students learning data through such systems is expected to build a “Educational Big Data”, for research and educational purpose. However we do not necessarily know enough how to deal with such data appropriately, because of the lack of widely shared rules or guidelines for our situations or purposes, without causing problems like privacy concerns, ethical issues, and other management problems. Here we discuss such problems and a part of our own situations in Kyushu University.
キーワード (和) BYOD / ラーニングアナリティクス / 学習支援システム / 教育データの利活用 / / / /  
(英) BYOD / Learninrg Analytics / Educational Big Data / Learning Management System / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 434, SITE2019-98, pp. 143-148, 2020年3月.
資料番号 SITE2019-98 
発行日 2020-02-24 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2019-98 IA2019-76

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2020-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 学習支援システムのデータの利活用および管理に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On issues about utilization and management of records stored inside learning management systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BYOD / BYOD  
キーワード(2)(和/英) ラーニングアナリティクス / Learninrg Analytics  
キーワード(3)(和/英) 学習支援システム / Educational Big Data  
キーワード(4)(和/英) 教育データの利活用 / Learning Management System  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 多川 孝央 / Takahiro Tagawa / タガワ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤村 直美 / Naomi Fujimura / フジムラ ナオミ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-03 12:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2019-98,IEICE-IA2019-76 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.434(SITE), no.435(IA) 
ページ範囲 pp.143-148 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2020-02-24,IEICE-IA-2020-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会