お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-03 09:00
[ポスター講演]音楽と音声の同時傾聴時における脳波解析による注意方向の推定
松井亮祐田中聡久東京農工大EA2019-155 SIP2019-157 SP2019-104
抄録 (和) 人は会話や音楽が混在した環境の中でも,特定の会話相手の声や音楽を聞き分けることができる.この機能は選択的注意と呼ばれ,異なる音声を同時に呈示する際,計測した脳波に注意方向に関連した応答が現れることが知られている.本稿では,音楽と音声を同時傾聴した際にも,脳波から選択的注意の方向が推定できるとの仮説を立てた.実験では,音楽と音声を同時に実験参加者に呈示し,どちらか一方に注意を向けるように指示して頭皮脳波を計測した.音刺激の包絡線と脳波の相互相関関数を求めた結果,相関係数に負と正のピークがみられ,選択的注意中の音声に対する引き込み応答はウェルニッケ野に近い左の側頭部で強く生じた.さらに,共通空間パターン法を用いた注意方向の推定の結果,実験参加者17名のうち10名が正答率99%を超え,脳波から選択的注意の方向が推定できた.また,相互相関関数のピーク値や再構築音を用いた識別手法によって,17人中3人の実験参加者に関しては注意方向をよく推定できた. 
(英) We can selectively focus our auditory attention to a particular speech or music.The function is called selective attention.It is known that the brain response related to the attentional direction occurred to electroencephalogram (EEG) while different speeches are presented at the same time.We hypothesized that the attentional direction can be estimated from EEG while simultaneously listening to music and speech.During the experiment, music and speech were presented simultaneously and participants were instructed to attend to either music or speech.As a result of the cross-correlation function between EEG and the envelope of the auditory stimulus, distinct negative and positive peaks were found and the entrainment to the attended speech occured stronger in the left temporal region near Wernicke's area.By classification of attentional direction using common spatial pattern (CSP), ten out of the seventeen participants achieved an accuracy of over 99%.This result shows that the attentional direction can be estimated from EEG using CSP.Using peak values of cross-correlation function or reconstructed sound from EEG, the attentional direction were well estimated for three out of the seventeen participants.
キーワード (和) 音楽 / 音声 / 選択的注意 / 引き込み応答 / 頭皮脳波 / / /  
(英) Music / Speech / Selective Attention / Entrainment / electroencephalogram (EEG) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 440, SIP2019-157, pp. 313-318, 2020年3月.
資料番号 SIP2019-157 
発行日 2020-02-24 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2019-155 SIP2019-157 SP2019-104

研究会情報
研究会 SP EA SIP  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) 沖縄産業支援センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) 音声,応用/電気音響,信号処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2020-03-SP-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音楽と音声の同時傾聴時における脳波解析による注意方向の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) EEG-Based Estimation of Attentional Direction while Simultaneously Listening to Music and Speech 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音楽 / Music  
キーワード(2)(和/英) 音声 / Speech  
キーワード(3)(和/英) 選択的注意 / Selective Attention  
キーワード(4)(和/英) 引き込み応答 / Entrainment  
キーワード(5)(和/英) 頭皮脳波 / electroencephalogram (EEG)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松井 亮祐 / Ryosuke Matsui / マツイ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 聡久 / Toshihisa Tanaka /
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-03 09:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-EA2019-155,IEICE-SIP2019-157,IEICE-SP2019-104 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.439(EA), no.440(SIP), no.441(SP) 
ページ範囲 pp.313-318 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2020-02-24,IEICE-SIP-2020-02-24,IEICE-SP-2020-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会