お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-03 11:25
半導体光増幅器内で発生する周波数チャープを用いた光デジタル・アナログ相互変換
岡田拓也汪 瑞相楽昌希松浦基晴電通大PN2019-66
抄録 (和) 半導体光増幅器では,周波数チャープと呼ばれる屈折率変化によって搬送波周波数が瞬時的にシフトする現象が発生する.周波数チャープは,短波長側の周波数シフト(ブルーチャープ)と,長波長側の周波数シフト(レッドチャープ)で異なる特性を有する.我々は,ブルーチャープを利用した光デジタル・アナログ変換(D/A変換)と,レッドチャープを利用した光アナログ・デジタル変換(A/D変換)を提案した.本研究では,ブルーチャープを用いた光D/A変換とレッドチャープを用いた光A/D変換を組み合わせた,2~bitの光デジタル・アナログ相互変換を実証する. 
(英) Frequency chirp is a unique phenomenon in semiconductor optical amplifiers (SOAs), and provides intensity-to-frequency conversion based on dynamic refractive index change in the devices. Until now, we have investigated the chirp properties in SOAs, and shown that red (shift to longer wavelength) and blue (shift to shorter wavelength) frequency chirps have different and unique behaviors. A photonic analog-to-digital conversion (PADC) using red chirp, and a photonic digital-to-analog conversion (PDAC) using blue chirp are proposed. To show the feasibility of photonic digital-to-analog and analog-to-digital conversions using frequency chirp in SOAs, 2-bit photonic digital-to-analog-to-digital conversion is experimentally demonstrated, for the first time.
キーワード (和) 光デジタル・アナログ変換 / 光光アナログ・デジタル変換 / 半導体光増幅器 / 量子ドット半導体光増幅器 / 周波数チャープ / / /  
(英) Photonic digital-to-analog conversion (PDAC) / Photonic analog-to-digital conversion (PADC) / Semiconductor optical amplifier (SOA) / Quantum-dot semiconductor optical amplifier (QD-SOA) / Frequency chirp / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 442, PN2019-66, pp. 81-85, 2020年3月.
資料番号 PN2019-66 
発行日 2020-02-24 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2019-66

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) 奄美市社会福祉センター 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2020-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 半導体光増幅器内で発生する周波数チャープを用いた光デジタル・アナログ相互変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Photonic digital-to-analog and analog-to-digital conversion based on frequency chirp in SOAs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光デジタル・アナログ変換 / Photonic digital-to-analog conversion (PDAC)  
キーワード(2)(和/英) 光光アナログ・デジタル変換 / Photonic analog-to-digital conversion (PADC)  
キーワード(3)(和/英) 半導体光増幅器 / Semiconductor optical amplifier (SOA)  
キーワード(4)(和/英) 量子ドット半導体光増幅器 / Quantum-dot semiconductor optical amplifier (QD-SOA)  
キーワード(5)(和/英) 周波数チャープ / Frequency chirp  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 拓也 / Takuya Okada / オカダ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 汪 瑞 / Wang Rui / オウ ズイ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相楽 昌希 / Masaki Sagara / サガラ マサキ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 基晴 / Motoharu Matsuura / マツウラ モトハル
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-03 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2019-66 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.442 
ページ範囲 pp.81-85 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PN-2020-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会