お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-03 09:20
テナント/インフラの問題切り分けを可能とする クラウド運用支援技術の開発
小口直樹白石 崇野呂正明高野陽介富士通研ICM2019-48
抄録 (和) 今日,マイクロサービスを活用した業務システムが普及してきているが,マイクロサービスをつなぎ合わせた分散システムであるため,性能低下時に原因を分析しにくいという問題がある.こうした問題に対し,各種分散トレーシング方式が提案され,マイクロサービス間の処理レイテンシを計測し可視化することができる.しかし,これらの方式では,マイクロサービス間のレイテンシが大きくなって何らかの問題が生じていることはわかるが,ユーザ側アプリケーションの問題か,インフラの問題かを切り分けできないという問題がある.そこで,利用ユーザのアプリケーションが使っている仮想リソースとインフラ内での経路を把握し,経路上にEnhanced Berkeley Packet Filter (eBPF) を活用したソフトセンサーを動的に配置することで,テナント/インフラの問題切り分けを可能とするクラウド運用支援方式を提案する.そして,提案方式の評価を行った結果,提案方式がテナント/インフラの問題切り分けに有効である見通しを得た. 
(英) Recently, it is become popular to develop systems using micro services. As these systems are distributed system using micro services, it is difficult to analyze the causes of performance degradation. To cope with this problem, distributed tracing methods are developed, it became possible for developer to measure the latencies between micro services and visualize them. These methods can distinguish that there are some problems when the latencies between micro services become long. However, it is not possible to find out that the problem is caused in user applications or in infrastructure. This paper proposes a method that enables to judge whether a problem is caused in user tenant or in infrastructure by analyzing the routing path of communication between applications in infrastructure and dynamically deploying software sensors on the path using Enhanced Berkley Packet Filter (eBPF). Then, we evaluated the proposed method using an experiment system. As a result, we found out the proposed method can be usable.
キーワード (和) マイクロサービス / 分散トレーシング / eBPF / / / / /  
(英) Micro Service / Distributed Tracing / eBPF / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 438, ICM2019-48, pp. 37-42, 2020年3月.
資料番号 ICM2019-48 
発行日 2020-02-24 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2019-48

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Ohama Nobumoto Memorial Hall 
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2020-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テナント/インフラの問題切り分けを可能とする クラウド運用支援技術の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cloud operation technology enabling to break down problems between a tenant and an infrastructure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロサービス / Micro Service  
キーワード(2)(和/英) 分散トレーシング / Distributed Tracing  
キーワード(3)(和/英) eBPF / eBPF  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 直樹 / Naoki Oguchi / オグチ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu lab)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白石 崇 / Takashi Shiraishi /
第2著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu lab)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野呂 正明 / Masaaki Noro /
第3著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu lab)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 陽介 / Yosuke Takano /
第4著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories (略称: Fujitsu lab)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-03 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2019-48 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.438 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2020-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会