お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-02 11:25
RGB-D カメラを用いた通路幅推定手法の精度評価
丸山大貴金井謙治甲藤二郎早大SeMI2019-121
抄録 (和) 近年,日本の高齢化は進む一方で,今後さらに高齢者人口の割合は増えていくとみられている.そのため,多くの建築物でバリアフリー化が求められている.バリアフリー化を促進するための政策として,国土交通省はバリアフリー新法を定めている.また,これら建築物の通路,段差といった情報をオープンデータ化する動きも盛んに行われている.これに対して筆者らは,自転車や車椅子といった移動体を活用したモバイルセンシングにより建築物の通路幅と段差を自動計測することを目的としている.本稿では,その初期段階として,RGB-Dカメラを利用した通路幅推定手法の検討を行い,早稲田大学構内8か所の通路に対して,本手法の精度評価を行う. 
(英) Recently, population in Japan is aging rapidly and will keep growing in the future. To address this fact, the government will provide an easily accessible environment in many facilities based on the Law for Promoting Easily Accessible Public Transportation Infrastructure for the Aged and the Disabled (Transportation Barrier-Free Law) enacted by Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism. In addition, the government is actively promoting to publish the information of roads and buildings, including existence of bumps, road slope and aisle width, as open data. To contribute this activity, we aim at collecting such kind of information automatically by using sensors mounted on e-Bikes and electric wheelchairs. In this paper, we introduce an aisle width estimating method by using RGB-D camera and evaluate its estimation accuracy by conducting experiments at eight aisles in Waseda University.
キーワード (和) 通路幅推定 / 平面抽出 / RGB-Dカメラ / モバイルセンシング / / / /  
(英) Aisle width estimation / Plane detection / RGB-D camera / Mobile sensing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 436, SeMI2019-121, pp. 19-24, 2020年3月.
資料番号 SeMI2019-121 
発行日 2020-02-24 (SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SeMI2019-121

研究会情報
研究会 SeMI IPSJ-MBL IPSJ-UBI  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) センサネットワーク,モバイルインテリジェンス,ユビキタスコンピューティング,アプリケーション,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SeMI 
会議コード 2020-03-SeMI-MBL-UBI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) RGB-D カメラを用いた通路幅推定手法の精度評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accuracy Evaluation of Aisle Width Estimation using RGB-D Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通路幅推定 / Aisle width estimation  
キーワード(2)(和/英) 平面抽出 / Plane detection  
キーワード(3)(和/英) RGB-Dカメラ / RGB-D camera  
キーワード(4)(和/英) モバイルセンシング / Mobile sensing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸山 大貴 / Daiki Maruyama / マルヤマ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学理工学術院総合研究所 (略称: 早大)
Waseda Research Institute for Science and Engineering (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / ジロウ カットウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-02 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SeMI 
資料番号 IEICE-SeMI2019-121 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.436 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SeMI-2020-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会