電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-03-02 11:25
[招待講演]大規模国際イベントを支える映像伝送サービスの運用監視システム
鈴木秀典平原千里西江将男NTTコミュニケーションズICM2019-46
抄録 (和) 大規模かつ重要な国際イベントでは、その模様をリアルタイムに伝える映像伝送サービスが欠かせない。リアルタイムな映像伝送ではネットワークの瞬断であっても映像品質が劣化するため、通常のデータ伝送以上の厳しい要件が求められる。我々は通信事業者として広域な通信インフラを活用し、これらの要件を満たす高品質・高信頼な映像伝送サービスを構築・提供している。しかし、このようなサービスのネットワークを統合的に制御・監視する既存システムは大規模かつ複雑なシステムであることから、短期的・一時的な重要イベントに求められる迅速性や柔軟性に欠けている。そこで我々は、高品質・高信頼な映像伝送サービス基盤をEnd-To-Endで運用管理し柔軟かつ迅速に提供するための仕組みとして「内製開発」・「アジャイル開発」・「マイクロサービスアーキテクチャ」という選択を行い、実現した。本稿では、大規模国際イベントにおける高品質・高信頼が求められる映像伝送サービスを提供する際の苦労や課題、複雑なネットワークを運用管理するための仕組み、加えて、迅速性・柔軟性を追求するための開発スキームについて、我々が実践から得た知見を交えて紹介する。 
(英) For large-scale and important international events, a video transmission service is indispensable. Real-time video transmission requires higher requirements than data transmission because video quality degrades even when momentary interruption occurs in a video transmission network. We provide high-quality and reliable video transmission services that meet such requirements by utilizing our wide-area telecommunication infrastructure. However, since the existing integrated system that controls and monitors the network for telecommunication infrastructure is huge and complicated, it lacks the flexibility and deployment speed that are required by short-term and important events. Thus, we realized flexible and quick end-to-end operation management system for infrastructure of high-quality and reliable video transmission service, by adapting "in-house development", "agile development" and "microservice architecture." In this paper, we introduce toil and problem for providing video transmission service which high-quality and reliability is required, how to operate and manage complicated network, and the scheme to pursuit flexible and quick development, obtained from our practical experiences.
キーワード (和) マイクロサービス / アジャイル開発 / 映像伝送 / 内製開発 / / / /  
(英) Microservices / Agile Development / Video Transmission / In-house Development / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 438, ICM2019-46, pp. 25-30, 2020年3月.
資料番号 ICM2019-46 
発行日 2020-02-24 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2019-46

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2020-03-02 - 2020-03-03 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Ohama Nobumoto Memorial Hall 
テーマ(和) エレメント管理,管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2020-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模国際イベントを支える映像伝送サービスの運用監視システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Operation and monitoring system for video transmission service at large-scale international events 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロサービス / Microservices  
キーワード(2)(和/英) アジャイル開発 / Agile Development  
キーワード(3)(和/英) 映像伝送 / Video Transmission  
キーワード(4)(和/英) 内製開発 / In-house Development  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 秀典 / Hidenori Suzuki / スズキ ヒデノリ
第1著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平原 千里 / Senri Hirabaru / ヒラバル センリ
第2著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西江 将男 / Masao Nishie / ニシエ マサオ
第3著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Communications)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-03-02 11:25:00 
発表時間 35 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2019-46 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.438 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2020-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会