お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-28 15:30
複合現実技術と移動マイクロホン計測による空間インパルス応答の可視化
渡辺靖明東京電機大)・片岡優太早大)・池田雄介東京電機大)・及川靖広早大)・小坂直敏東京電機大US2019-108
抄録 (和) 近年,複合現実技術の急速な発展により,実空間に科学技術データを提示することが用意になってきた.これまで,我々は手持ちマイクロホンを用いた3次元音響インテンシティ可視化システムを提案し,計測結果を即座に空間にマッピングすることが可能となってきた.一方でより詳細な音場の変化を可視化にするには,インパルス応答の計測が重要となる.そこで,本研究では,従来システムを拡張し,複合現実技術を用いた動的なインパルス応答計測/可視化システムを提案する. 
(英) The rapid development of mixed reality techniques has made it easy to represent scientific data on real space. We previously proposed visualization system for 3D sound intensity using mixed reality (MR), which achieved real-time measurement and mapping of results to real space. To visualize and understand the sound field in detail, impulse response measurement is important. In this paper, we propose that dynamic measurement and visualization system for spatial impulse responses by expanding the previously-proposed system with MR.
キーワード (和) 動的インパルス応答計測 / 補間 / スピーカ / 音伝搬 / / / /  
(英) Dynamic sound field measurement / Interpolation / Loudspeaker / Sound Propagation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 430, US2019-108, pp. 51-56, 2020年2月.
資料番号 US2019-108 
発行日 2020-02-21 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2019-108

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2020-02-28 - 2020-02-28 
開催地(和) 東京電機大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アコースティックイメージング、非破壊検査、一般 (共催:日本非破壊検査協会超音波部門、日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2020-02-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複合現実技術と移動マイクロホン計測による空間インパルス応答の可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of spatial impulse responses with mixed reality techniques and moving microphone 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的インパルス応答計測 / Dynamic sound field measurement  
キーワード(2)(和/英) 補間 / Interpolation  
キーワード(3)(和/英) スピーカ / Loudspeaker  
キーワード(4)(和/英) 音伝搬 / Sound Propagation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 靖明 / Yasuaki Watanabe / ワタナベ ヤスアキ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片岡 優太 / Yuta Kataoka / カタオカ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 雄介 / Yusuke Ikeda / イケダ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 及川 靖広 / Yasuhiro Oikawa / オイカワ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小坂 直敏 / Naotoshi Osaka / オサカ ナオトシ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-28 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-108 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.430 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2020-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会