電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-28 13:45
ホログラフィックメモリのための位相交互配置法を用いたSQAM信号記録と記録密度の評価
本間 聡舩越悠希山梨大
抄録 (和) ホログラフィックメモリの記録密度を改善する方法として,従来の2値強度信号に代わり,位相および振幅を独立変調した複素振幅信号の使用が有望視されている.二つの位相変調信号光のホログラムを同一領域に多重記録して,等価的に複素振幅信号のホログラムを合成する二重露光法を応用し,上記の位相変調光の位相値を空間的に交互に並べた一枚の位相分布を用いて同様のホログラムを合成する位相交互配置法を提案した.本報告では,複素振幅信号の解像度に応じた記録媒体上の信号光の露光面積を解析することにより,交互配置法による実効的な記録密度を評価する. 
(英) Recording scheme of Spatial quadrature amplitude modulation (SQAM) signal whose amplitude and phase are individually modulated to multi-level in holographic memory is promising method to improve recording capacity of the memory. We have proposed two exposure method (TEM) in which the two holograms for different phase modulated signal is multiplex recorded in the same position and it synthesize the hologram for SQAM signal. Furthermore, we have design an interleaved phase pattern from the above two phase-codes and applied the pattern to recording holographic data of SQAM signal. In this report, we analyze the exposure region of the recording beams with respected to the resolution of the SQAM signal and estimate the effective recording density of the holographic memory using the interleaved phase method.
キーワード (和) ホログラフィックメモリ / 二重露光法 / 直交振幅変調信号 / / / / /  
(英) Holographic memories / Two-exposure method / Spatial quadrature amplitude modulation signal / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITE-HI IE ITS ITE-MMS ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2020-02-27 - 2020-02-28 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-MMS 
会議コード 2020-02-HI-IE-ITS-MMS-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホログラフィックメモリのための位相交互配置法を用いたSQAM信号記録と記録密度の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reproduction of SQAM signal for holographic memory and Estimation of recording density 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラフィックメモリ / Holographic memories  
キーワード(2)(和/英) 二重露光法 / Two-exposure method  
キーワード(3)(和/英) 直交振幅変調信号 / Spatial quadrature amplitude modulation signal  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 聡 / Satoshi Honma / ホンマ サトシ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩越 悠希 / Haruki Funakoshi / ハルキ フナコシ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
Yamanashi University (略称: Yamanashi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-28 13:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-MMS 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会