お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-28 13:15
多相回路の素子値ミスマッチと占有面積に関する一検討
山路隆文崇城大)・清水暁生有明高専CAS2019-120 CS2019-120
抄録 (和) アナログ集積回路においては抵抗比で利得が決まる増幅回路のように素子値の一律の変動には回路特性が感度を持たない回路がよく利用される.そのため素子値の比の誤差,つまり素子値ミスマッチの影響が重要である.本稿では無線信号の変調精度に影響する多相回路のミスマッチについて検討する.6 相や8 相といった多相回路を相数が少ない回路と同じチップ面積で作成するにはひとつひとつの回路素子を小さくする必要がある.回路素子を小さくするとミスマッチとしては劣化傾向にあるのだが相数を多くするとミスマッチに対する感度が小さくなるので結果的に同じ専有面積なら相の数によらず実現可能な変調精度はほぼ一定となることを報告する. 
(英) An effect of the circuit element value error to modulated signal error in polyphase circuits is described. The sensitivity of the modulated signal to an element value is inversely proportional to the phase number n of the
poly-phase circuit, and circuit elements with larger error are acceptable when n is increased. As the result, the occupied area to keep the required accuracy of the modulated signal is independent of the number of the phase n.
キーワード (和) アナログ多相回路 / 素子感度解析 / ミスマッチ / 占有面積 / / / /  
(英) polyphase circuit, / element value error analysis / modulation error, / occupied area / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 423, CAS2019-120, pp. 131-136, 2020年2月.
資料番号 CAS2019-120 
発行日 2020-02-20 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2019-120 CS2019-120

研究会情報
研究会 CS CAS  
開催期間 2020-02-27 - 2020-02-28 
開催地(和) 崇城大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2020-02-CS-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多相回路の素子値ミスマッチと占有面積に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Circuit Element Value Mismatches and Occupied Area of Poly-phase Circuits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アナログ多相回路 / polyphase circuit,  
キーワード(2)(和/英) 素子感度解析 / element value error analysis  
キーワード(3)(和/英) ミスマッチ / modulation error,  
キーワード(4)(和/英) 占有面積 / occupied area  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山路 隆文 / Takafumi Yamaji / ヤマジ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 崇城大学 (略称: 崇城大)
Sojo University (略称: Sojo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 暁生 / Akio Shimizu / シミズ アキオ「
第2著者 所属(和/英) 有明工業高等専門学校 (略称: 有明高専)
National Institute of Technology, Ariake College (略称: NIT, Ariake College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-28 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2019-120,IEICE-CS2019-120 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.423(CAS), no.424(CS) 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2020-02-20,IEICE-CS-2020-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会