お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-28 15:55
多チャンネル高速1bit信号を用いた局所音場合成による音場の可聴化
黒川翔瑠津國和泉池田雄介小坂直敏東京電機大)・及川靖広早大US2019-109
抄録 (和) 可聴化技術は、様々な音空間を仮想的に聴感評価することを目的として盛んに研究されている。特に聴覚ディスプレイ技術と可聴化技術は密接に関連しており、近年、聴覚ディスプレイ技術も積極的に研究が行われており、可聴化においては、所望の音場を物理的に正確に制御可能な聴覚ディスプレイ技術が必要不可欠である。多チャンネルスピーカを用いた物理音場合成手法では、一般に再現可能最大周波数はスピーカの配置密度によって制限されるという問題があった。一方、再現領域を聴取者頭部に限定することで、より高い周波数の再現精度の改善を可能とする局所音場再現手法が提案されている。本稿では, 高速1bit直接駆動の原理を用いた低コストな多チャンネルスピーカ再生による局所音場合成システムを提案し、その基本的な性能評価実験として、両耳間レベル差による音像定位精度を明らかにする。 
(英) Auralization requires auditory display techniques, which can physically synthesis the desired sound field. To improve synthesis accuracy at frequencies higher than the spatial Nyquist frequency corresponding to the loudspeaker density, local sound field synthesis techniques have been proposed. In this paper, we propose large-scale loudspeaker system using high-speed 1-bit signals. To evaluate the basic performance of the system, the sound image localization accuracy were investigated by using interaural level difference at different positions inside the loudspeaker array.
キーワード (和) SoC FPGA / ΔΣ変調 / 仮想2次音源 / 没入型聴覚ディスプレイ / / / /  
(英) SoC FPGA / Delta-sigma modulation / Virtual secondary sources / Immersive auditory display / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 430, US2019-109, pp. 57-62, 2020年2月.
資料番号 US2019-109 
発行日 2020-02-21 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2019-109

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2020-02-28 - 2020-02-28 
開催地(和) 東京電機大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アコースティックイメージング、非破壊検査、一般 (共催:日本非破壊検査協会超音波部門、日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2020-02-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多チャンネル高速1bit信号を用いた局所音場合成による音場の可聴化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Auralization based on local sound field synthesis with multi-channel 1-bit signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SoC FPGA / SoC FPGA  
キーワード(2)(和/英) ΔΣ変調 / Delta-sigma modulation  
キーワード(3)(和/英) 仮想2次音源 / Virtual secondary sources  
キーワード(4)(和/英) 没入型聴覚ディスプレイ / Immersive auditory display  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 翔瑠 / Kakeru Kurokawa / クロカワ カケル
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 津國 和泉 / Izumi Tsunokuni / ツノクニ イズミ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 雄介 / Yusuke Ikeda / イケダ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小坂 直敏 / Naotoshi Osaka / オサカ ナオトシ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 及川 靖広 / Yasuhiro Oikawa / ヤスヒロ オイカワ
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-28 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-109 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.430 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2020-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会