お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-28 17:00
歯加振時の耳内気導音の測定と歯加振位置の検討
森 幹男村木悠介鳥居欣永谷出健一荻原愼洋福井大US2019-106
抄録 (和) 歯科インプラント上の歯冠内に装着するインプラント型骨伝導補聴器を提案しているが,歯加振時の骨導音受聴レベル計測方法として,耳内気導音を測定する方法を提案し,最小可聴値による主観評価の結果との間に相関があることを確認した.そして,歯加振位置についての検討を行った.また,超磁歪素子を用いた骨伝導振動子のモールドについての検討を行い,押力を加えた方の変位が大きくなることを確認した.さらに,横・縦加振時における最小可聴値を測定した結果,感度の高い周波数が被験者によって異なり,利用者に合わせて使い分ける必要があることが分かった. 
(英) We propose an implanted hearing aid that is worn in the crown of a dental implant and uses the mechanism of bone conduction. In this study, we measured the thresholds of bone conduction hearing via the teeth using a bone conductive actuator. Subjective evaluations were performed based on subject’s minimum audible value as a method of measuring the bone conduction sound hearing level during tooth excitation. This work clarifies that there is a correlation between the minimum audible value at the time of tooth excitation and the measured results of the in-ear air conduction sound using the in-ear probe microphone. The air conduction sound generated within the ear by changing the tooth excitation position was measured with an in-ear probe microphone.
キーワード (和) 骨伝導 / 補聴器 / 耳内プローブマイク / 歯科インプラント / / / /  
(英) Bone Conduction / Hearing Aid / In-ear Probe Microphone / Dental Implant / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 430, US2019-106, pp. 41-46, 2020年2月.
資料番号 US2019-106 
発行日 2020-02-21 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2019-106

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2020-02-28 - 2020-02-28 
開催地(和) 東京電機大学 
開催地(英)  
テーマ(和) アコースティックイメージング、非破壊検査、一般 (共催:日本非破壊検査協会超音波部門、日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2020-02-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歯加振時の耳内気導音の測定と歯加振位置の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of air conduction sound in the ear canal during tooth excitation and consideration of tooth excitation position 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 骨伝導 / Bone Conduction  
キーワード(2)(和/英) 補聴器 / Hearing Aid  
キーワード(3)(和/英) 耳内プローブマイク / In-ear Probe Microphone  
キーワード(4)(和/英) 歯科インプラント / Dental Implant  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 幹男 / Mikio Mori / モリ ミキオ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村木 悠介 / Yusuke Muraki / ムラキ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥居 欣永 / Yoshihisa Torii / トリイ ヨシヒサ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷出 健一 / Kenichi Tanide / タニデ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 荻原 愼洋 / Mitsuhiro Ogihara / オギハラ ミツヒロ
第5著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Fukui Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-28 17:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-106 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.430 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2020-02-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会