お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-27 16:50
立体視標が前景により両遮蔽、片遮蔽されるときの奥行き知覚
夏井伸隆名手久貴石川和夫東京工芸大
抄録 (和) 2眼式立体画像を撮影・観察するとき,不自然な立体感や立体像の違和感など問題が生じる場合がある.本実験では,前景によってオクルージョンとなる条件において,奥行き知覚の変化について計測した.実験は,オクルージョンによって立体視標の両側が遮蔽された条件と,片側のみが遮蔽された条件について検討した.実験の結果,立体視標の奥行き感は両遮蔽と片遮蔽による条件変化に応じ,左右均等な奥行きへ知覚される結果と片側のみ圧縮・伸長知覚される結果に分かれた. 
(英) When we shoot and observe binocular stereoscopic images, problems such as unnatural stereoscopic effects and strangeness of stereoscopic images may occur. In this experiment, we measured the change in perceived depth under occlusion conditions due to the foreground. We examined the conditions in which both sides of the stereoscopic target were occluded by occlusion and the condition in which one side was occluded. We obtained the result that both sides were equally perceived under the condition of both occlusions, and the result that one side was perceived as compression or expansion under one occlusion condition.
キーワード (和) 2眼識立体画像 / 半遮蔽 / オクルージョン / 奥行き感 / / / /  
(英) Stereoscopic image / Half Occlusion / Occlusion / Depth Perception / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITE-HI IE ITS ITE-MMS ITE-ME ITE-AIT  
開催期間 2020-02-27 - 2020-02-28 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-AIT 
会議コード 2020-02-HI-IE-ITS-MMS-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 立体視標が前景により両遮蔽、片遮蔽されるときの奥行き知覚 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Depth perception when a stereoscopic target is occluded on both sides or one side by the foreground 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2眼識立体画像 / Stereoscopic image  
キーワード(2)(和/英) 半遮蔽 / Half Occlusion  
キーワード(3)(和/英) オクルージョン / Occlusion  
キーワード(4)(和/英) 奥行き感 / Depth Perception  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏井 伸隆 / Nobutaka Natsui / ナツイ ノブタ
第1著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 名手 久貴 / Hisaki Nate / ナテ ヒサキ
第2著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 和夫 / Kazuo Isikawa / イシカワ カズオ
第3著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: Tokyo Polytechnic Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-27 16:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-AIT 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会