お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-27 14:30
スパースコーディングを用いたNWトラフィック変動の予測
仲地孝之Yitu WangNTTCAS2019-107 CS2019-107
抄録 (和) IoT 時代といわれ多くの情報が流通する中で、ネッ トワークのトラフィック特性は非常に動的になっている。そのような背景の中で、非定常なトラフィックの変動を高精度に予測する技術が求められている。高精度な予測に基づき経路制御などをプロアクティブに制御することで、高品質なネットワークサービスの提供が可能となる。本稿では非定常な観測信号の予測に対して、高い予測精度と低い計算量を備えたスパース表現に基づく方式を提案する。スパース表現は少ないデータ量で学習が可能な特徴があり、観測信号の特性の変化に素早く追従することができる。提案法では、従来のスパース表現を予測モデルを含んだ形へ拡張することで、トラフィック予測の精度を高める。さらにネットワークトラフィックの急速に変動に対しても追従するために、リアプノフ最適化を採用して、より高度な予測精度を達成する。シミュレーションにより、確率過程論に基づくARIMAや深層学習に基づくRCLSTMなどの従来法と比較して、低い演算量で予測性能が高いことを示す。 
(英) With accurate network traffic prediction, future communication networks can realize self-management and enjoy intelligent and efficient automation. Benefiting from discovering the sparse property of network traffic in temporal domain, it becomes possible to develop compact algorithms with high accuracy and low computational complexity. For this purpose, we establish an analytical framework for network traffic prediction by extending traditional sparse representation to predictive sparse representation, and try to take the full advantage of such sparsity. To promote the capability of capturing the rapidly changing traffic, we slightly modify the sparse representation-based prediction by adopting Lyapunov optimization.
Finally, our proposed algorithm is evaluated by simulation to show its superiority over the conventional schemes such as stochastic based ARIMA, deep learning based RCLSTM etc.
キーワード (和) NWトラフィック変動 / 時系列予測 / スパースモデル / 二重待ち行列 / リアプノフ最適化 / / /  
(英) Network Traffic Estimation / Time Series Prediction / Sparse Model / Dual Queue System / Lyapunov Optimization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 424, CS2019-107, pp. 55-60, 2020年2月.
資料番号 CS2019-107 
発行日 2020-02-20 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2019-107 CS2019-107

研究会情報
研究会 CS CAS  
開催期間 2020-02-27 - 2020-02-28 
開催地(和) 崇城大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network processor, Signal processing and circuits for communications, Wireless LAN / PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2020-02-CS-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スパースコーディングを用いたNWトラフィック変動の予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Estimation of Network Traffic Validation based on Sparse Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NWトラフィック変動 / Network Traffic Estimation  
キーワード(2)(和/英) 時系列予測 / Time Series Prediction  
キーワード(3)(和/英) スパースモデル / Sparse Model  
キーワード(4)(和/英) 二重待ち行列 / Dual Queue System  
キーワード(5)(和/英) リアプノフ最適化 / Lyapunov Optimization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲地 孝之 / Takayuki Nakachi / ナカチ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Yitu Wang / Yitu Wang /
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-27 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2019-107,IEICE-CS2019-107 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.423(CAS), no.424(CS) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2020-02-20,IEICE-CS-2020-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会