お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-27 14:30
Approximateネットワークに対する動的最適化基盤
平澤将一鯉渕道紘NIICPSY2019-92 DC2019-98
抄録 (和) 一定のビット誤りを許容するApproximateネットワークは,
既存のネットワークと比較して広帯域かつ低レイテンシであるため,アプリケーションの高速化に有効である.
しかしながら,Approximateネットワークを活用した上で正しい計算結果を得るためには,アプリケーション側の対応が必要である.
さらに,アプリケーション中で許容できる誤りの大きさとApproximateネットワークのパラメータに依存して実行性能は大きく変化する上に,
試行ごとに実行性能の揺らぎが発生する.
そこで本研究では,Approximateネットワークを用いてアプリケーションを実行する環境において,
実行性能の揺らぎを考慮した上で高速に実行できるパラメータを動的に発見する最適化基盤を提案し,評価を行う. 
(英) To resolve the next generation interconnection networks latency problem, our prior work has presented error-prone high-bandwidth low-latency networks
that do not use the FEC operation.
They enable not only high-bandwidth approximate data transfer
but also low-bandwidth perfect data transfer, for supporting various kinds of parallel applications that are subject to different levels of bit flips.
As the number of approximate data transfers increases, the parallel application can obtain a significant performance improvement at the expense of the degraded quality of results (QoRs).
It is difficult for users to identify whether each communication should be approximate or not, so as to obtain the shortest execution time with enough QoRs for a given parallel application.
In this study, we apply an optimization framework to approximate interconnection networks with performance fluctuation;
it automatically execute applications multiple times to identify whether each communication should be approximate or accurate data transfer.
キーワード (和) Approximateネットワーク / 最適化 / 性能ゆらぎ / / / / /  
(英) Approximate interconnection network / optimization / performance fluctuation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 428, CPSY2019-92, pp. 1-6, 2020年2月.
資料番号 CPSY2019-92 
発行日 2020-02-20 (CPSY, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CPSY2019-92 DC2019-98

研究会情報
研究会 CPSY DC IPSJ-SLDM IPSJ-EMB IPSJ-ARC  
開催期間 2020-02-27 - 2020-02-28 
開催地(和) 与論町中央公民館 
開催地(英) Yoron-cho Chuou-Kouminkan 
テーマ(和) 組込み技術とネットワークに関するワークショップ ETNET2020 
テーマ(英) ETNET 2020 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2020-02-CPSY-DC-SLDM-EMB-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Approximateネットワークに対する動的最適化基盤 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Dynamic Optimization Platform for High-bandwidth Low-latency Approximate Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Approximateネットワーク / Approximate interconnection network  
キーワード(2)(和/英) 最適化 / optimization  
キーワード(3)(和/英) 性能ゆらぎ / performance fluctuation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平澤 将一 / Shoichi Hirasawa / ヒラサワ ショウイチ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鯉渕 道紘 / Michihiro Koibuchi / コイブチ ミチヒロ
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-27 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2019-92,IEICE-DC2019-98 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.428(CPSY), no.429(DC) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2020-02-20,IEICE-DC-2020-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会