お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-21 13:25
[依頼講演]時速280km超の高速移動環境における4.6GHz帯及び28GHz帯ドップラースペクトル特性
久野伸晃山田 渉淺井裕介鷹取泰司NTT)・猪又 稔須山 聡NTTドコモ)・中川一郎一瀬正則NTTコミュニケーションズAP2019-192
抄録 (和) 第5世代移動通信システム(5G)の実現に向け,日本では2017年度より総務省主導のもと様々な利活用分野の関係者が参加し「5G 総合実証試験」が行われてきた.2018年の実証試験の一つでは,時速90km以上で走行する電車および電車の乗務員室に設置された28GHz帯5G移動局試験装置を用い,約2.1Gbit/sの通信スループットを達成した.受信局の移動に伴いドップラー広がりが生じることで移動通信システムの通信品質は劣化するが,4.5GHz帯および28GHz帯におけるドップラースペクトル特性は最高時速約90kmまでしか検証されていない.本研究では,5Gの幅広い利用想定シーンに対応するため,令和元年度総合実証試験の一環として,さらなる高速移動環境であるサーキット環境におけるドップラースペクトル特性を検証した.最高時速約286kmにおいて4.6GHz帯および27.9GHz帯における最大ドップラー周波数は約1.23kHzおよび約7.39kHzであった. 
(英) In Japan, 5G System Integrated Verification Trial have been conducted by the Ministry of Internal Affairs and Communications to realize the fifth generation mobile communication systems (5G). In the 2018 trial project, throughput was measured in the moving train environment of 90 km/h or more, and the maximum downlink was about 2.1 Gbps in the 28GHz band. When the receiver moves, the communication quality deteriorates due to Doppler spread. Therefore, the Doppler spectrum characteristics in the circuit environment was verified as part of the 2019 trial to support a wide range of 5G usage scenarios. The measured results showed that the maximum Doppler frequency in the 4.6 GHz band was about 1.23 kHz, and it in the 27.9 GHz band was about 7.39 kHz.
キーワード (和) 電波伝搬 / ドップラースペクトル特性 / 第5世代移動通信システム / / / / /  
(英) Propagation / Doppler Spectrum Characteristics / 5th Mobile Communications System / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 418, AP2019-192, pp. 63-68, 2020年2月.
資料番号 AP2019-192 
発行日 2020-02-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-192

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2020-02-20 - 2020-02-21 
開催地(和) 静岡大学 浜松キャンパス 
開催地(英) Shizuoka Univ. Hamamatsu Campus 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2020-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時速280km超の高速移動環境における4.6GHz帯及び28GHz帯ドップラースペクトル特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Doppler Spectrum Characteristics of 4.7 and 28 GHz in High-Speed Moving Environment exceeding 280 km/h 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Propagation  
キーワード(2)(和/英) ドップラースペクトル特性 / Doppler Spectrum Characteristics  
キーワード(3)(和/英) 第5世代移動通信システム / 5th Mobile Communications System  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 伸晃 / Nobuaki Kuno / クノ ノブアキ
第1著者 所属(和/英) NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 渉 / Wataru Yamada / ヤマダ ワタル
第2著者 所属(和/英) NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 淺井 裕介 / Yusuke Asai / アサイ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹取 泰司 / Yasushi Takatori / タカトリ ヤスシ
第4著者 所属(和/英) NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 猪又 稔 / Minoru Inomata / イノマタ ミノル
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 一郎 / Ichiro Nakagawa / ナカガワ イチロウ
第7著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Communications)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 一瀬 正則 / Masanori Ichinose / イチノセ マサノリ
第8著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications Corporation (略称: NTT Communications)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-21 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-192 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2020-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会