お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-21 11:25
ランダムウォークと電波伝搬
唐沢好男 AP2019-190
抄録 (和) ランダムウォークしながら、電波伝搬に現われる基本的な確率分布を訪ねる。電波伝搬、特に移動通信のマルチパス伝搬は、もともと不規則過程に生まれる現象であるのでランダムウォークそのものであるといっても良い。ここでは、1次元空間・2次元空間のランダムウォークから始まり多次元空間に至る。ランダムウォークは空間の次元数が上がれば上がるほど、出発点付近に戻ってくる確率は小さくなる。この特徴はフェージング対策であるスペースダイバーシチに活かされている。どういう意味かと興味を持った人、是非、本稿を読んで欲しい。 
(英) While doing a random walk, we visit some basic probability distributions that appear in radio wave propagation models. Radio wave propagation, particularly multipath propagation in mobile communications, is a phenomenon originally born in a random stochastic process, so it can be said that it is a random walk itself. Here, we start with a random walk in one-dimensional space / two-dimensional space and reach a multidimensional space. The probability that the random walk returns near the starting point decreases as the number of dimensions of the space increases. This feature is utilized in space diversity as a potential countermeasure against fading. If you are interested in what it means, please read this report.
キーワード (和) ランダムウォーク / 半ガウス分布 / レイリー分布 / 仲上・ライス分布 / 仲上m分布 / スペースダイバーシチ / /  
(英) Random Walk / Half Gaussian distribution / Rayleigh distribution / Nakagami-Rice distribution / Nakagami m distribution / Space diversity / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 418, AP2019-190, pp. 53-57, 2020年2月.
資料番号 AP2019-190 
発行日 2020-02-13 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-190

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2020-02-20 - 2020-02-21 
開催地(和) 静岡大学 浜松キャンパス 
開催地(英) Shizuoka Univ. Hamamatsu Campus 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2020-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ランダムウォークと電波伝搬 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Random Walk and Wave Propagation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ランダムウォーク / Random Walk  
キーワード(2)(和/英) 半ガウス分布 / Half Gaussian distribution  
キーワード(3)(和/英) レイリー分布 / Rayleigh distribution  
キーワード(4)(和/英) 仲上・ライス分布 / Nakagami-Rice distribution  
キーワード(5)(和/英) 仲上m分布 / Nakagami m distribution  
キーワード(6)(和/英) スペースダイバーシチ / Space diversity  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐沢 好男 / Yoshio Karasawa / カラサワ ヨシオ
第1著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-21 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-190 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2020-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会