お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-02-20 13:10
[特別講演]八丈島周辺フライトにおける測位衛星の可視性に関する調査
北村光教渡邊浩志坂井丈泰電子航法研SANE2019-113 SAT2019-80
抄録 (和) 航空機の航法において,衛星測位(GNSS)は既に広く利用されている.飛行中は周辺に障害物が存在しないため,航空機におけるGNSSの利用は理想的な環境であると考えられている.そのためSBAS等の衛星航法補強システムにおいても,マルチパス誤差モデルは衛星仰角の関数として比較的小さな値で定義されている.しかしながら実際の航空機(特に固定翼機)では旋回バンク時に,測位信号が自身の翼によって反射・遮蔽される場合や,アンテナ俯角に入るため利得の低下が生じる場合等が起こり得るため,理想的とは言えない場合もある.本報では,実験用航空機を用いた実際の飛行によって,航空機における衛星の遮蔽状況を調査する. 
(英) GNSS is widely used in aircraft navigation. When an aircraft is in the air, it has been seemed that the environment is ideal for GNSS positioning because less obstacles around the vehicle. Therefore, an Augmentation system (e.g. SBAS) take a multipath error model as a little value. However, that can be incorrect. Because, if the aircraft have a bank angle on a curve motion, it can receive a reflected or obstructed signal by the body themselves (e.g. wing). Then, in this paper, a satellite visibility on a real flight is investigated by using ENRI experimental aircraft.
キーワード (和) GNSS / 航空航法 / 遮蔽 / / / / /  
(英) GNSS / Aircraft Navigation / Visibility / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 417, SAT2019-80, pp. 65-67, 2020年2月.
資料番号 SAT2019-80 
発行日 2020-02-12 (SANE, SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2019-113 SAT2019-80

研究会情報
研究会 SAT SANE  
開催期間 2020-02-19 - 2020-02-20 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2020-02-SAT-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 八丈島周辺フライトにおける測位衛星の可視性に関する調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GNSS Satellites Visibility on the Flight around Hachijojima Island 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GNSS / GNSS  
キーワード(2)(和/英) 航空航法 / Aircraft Navigation  
キーワード(3)(和/英) 遮蔽 / Visibility  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 光教 / Mitsunori Kitamura / キタムラ ミツノリ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 浩志 / Hiroshi Watanabe / ワタナベ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 丈泰 / Takeyasu Sakai / サカイ タケヤス
第3著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-02-20 13:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SANE2019-113,IEICE-SAT2019-80 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.416(SANE), no.417(SAT) 
ページ範囲 pp.81-83(SANE), pp.65-67(SAT) 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-SANE-2020-02-12,IEICE-SAT-2020-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会