お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 15:20
長方形コアを用いたスポットサイズ変換器の設計
嶋田圭吾山内潤治中野久松法政大EST2019-100
抄録 (和) 導波路型スポットサイズ変換器において,入射端におけるSiコア形状を長方形とすることで,水平方向のテーパのみでTE,TM両モードで高効率の変換が達成されることを明らかにする.はじめに,入射端におけるコア形状を正方形とした際のスポットサイズ変換特性を評価する.正方形コアとした構造では,TMモードの変換率が不十分であることを示す.次に,導波モードと放射モードの位相定数から算出されるテーパ角のガイドラインを応用する.長方形コアとすることで,TE,TM両モードのガイドラインが接近し,水平方向のテーパのみでTMモードの変換効率が改善できることを示す.加えて,曲線テーパの有効性も明示し,結果としてTE,TM両モードで広帯域で高効率な変換特性が得られることを見出す.最後に,コア幅を大きくした際のスポットサイズ変換器を検討する.長方形コアとした構造に曲線テーパを導入することで,コア幅が狭い場合とほぼ同等の変換特性が得られることを明らかにする. 
(英) This paper clarifies that a spot-size converter (SSC) using a rectangular Si-core improves the spot size conversion for both TE and TM modes, even for a horizontally tapered core. We first investigate a configuration with a square Si-core together with a linear taper in the horizontal direction. This, however, results in unbalanced conversion between the TE and TM modes. Special attention is paid to the guideline determined by equating the local taper length to the beat length between the guided and radiation modes. It is found that the power for the TM mode is improved by introducing a rectangular Si-core because the guidelines for the TE and TM modes become closer to each other. Finally, we consider an SSC when the core width is increased. The SSC using the rectangular core with a curvilinear taper achieves nearly the same characteristics as the structure with a narrow core width.
キーワード (和) スポットサイズ変換器 / ビーム伝搬法(BPM) / 曲線テーパ / / / / /  
(英) Spot-size converter / Beam-propagation method / Curvilinear taper / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 407, EST2019-100, pp. 109-114, 2020年1月.
資料番号 EST2019-100 
発行日 2020-01-23 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2019-100

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation Technique, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2020-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 長方形コアを用いたスポットサイズ変換器の設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of a spot-size converter using a rectangular core 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スポットサイズ変換器 / Spot-size converter  
キーワード(2)(和/英) ビーム伝搬法(BPM) / Beam-propagation method  
キーワード(3)(和/英) 曲線テーパ / Curvilinear taper  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶋田 圭吾 / Keigo Shimada / シマダ ケイゴ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 潤治 / Junji Yamauchi / ヤマウチ ジュンジ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 久松 / Hisamatsu Nakano / ナカノ ヒサマツ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-31 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2019-100 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EST-2020-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会