お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 14:55
伝搬演算子を用いた有限要素法の境界条件による効率的な光導波路伝搬解析
森本佳太辻 寧英室蘭工大EST2019-99
抄録 (和) 有限要素法 (FEM) による電磁界解析では,開領域問題を扱う場合,解析領域終端で電磁界を無反射で吸収するか,終端境界上で連続かつ無限遠まで続く均一導波路を接続する必要がある.前者は完全整合層 (PML) を課すことで実現されるが,仮想的な媒質を置くための領域を余分に確保する必要があり計算コストが増大する.後者は従来固有モード展開が用いられていたが,終端で放射波の影響が大きい問題などを扱うためには多くのモードを展開する必要があり,計算コストが膨大になる.そこで本論文ではより効率的な解析を行うために,モード展開を要することなく解析領域境界上のすべてのモードを表現できる伝搬演算子法 (POM) を境界条件に適用し,その妥当性および有用性について検討を行ったので報告する. 
(英) In finite element method (FEM) for electromagnetic wave simulation of open-system problem, it is necessary to absorb the electromagnetic wave at the end of the analysis region without reflection, or connect an infinite uniform waveguide at the end boundary. In the former case, it can be realized by imposing a perfectly matched layer (PML), however, it is necessary to expand the computational window to secure the PML region, and calculation cost becomes high. In the latter case, the eigenmode expansion was conventionally used. Although this technique can accurately calculate both guided and radiation modes, calculation for large number of modes is requred and calculation cost becomes enormous accordingly. In this paper, we present efficient boundary condition of FEM for terminating computational domain by using propagation operator without extra PML absorbing region and any mode expansion.
キーワード (和) 伝搬演算子法 / 有限要素法 / 境界条件 / DBI 法 / 導波路不連続問題 / / /  
(英) Propagation operator method / Finite element method / Boundary condition / DBI method / Waveguide distontinuity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 407, EST2019-99, pp. 103-107, 2020年1月.
資料番号 EST2019-99 
発行日 2020-01-23 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2019-99

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation Technique, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2020-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 伝搬演算子を用いた有限要素法の境界条件による効率的な光導波路伝搬解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient boundary condition of finite element method for propagation analysis using propagation operator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 伝搬演算子法 / Propagation operator method  
キーワード(2)(和/英) 有限要素法 / Finite element method  
キーワード(3)(和/英) 境界条件 / Boundary condition  
キーワード(4)(和/英) DBI 法 / DBI method  
キーワード(5)(和/英) 導波路不連続問題 / Waveguide distontinuity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 佳太 / Keita Morimoto / モリモト ケイタ
第1著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 寧英 / Yasuhide Tsuji / ツジ ヤスヒデ
第2著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-31 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2019-99 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.103-107 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EST-2020-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会