お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 14:15
テラヘルツ帯におけるTE透過/TM除去導波路型偏光子の解析
髙橋澄玲柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2019-98
抄録 (和) 誘電体導波路に半導体層を装荷したテラヘルツ帯におけるTE透過/TM除去導波路型偏光子を提案する. はじめに,2次元偏光子を調査する. 半導体層にInSb及びInAsを用いた場合の固有モード解析を行う.入力導波路からの入射界と偏光子部の二つのTMモードとの重なり積分, 及び伝搬損失の関係から適切なバッファ厚を予測する. 次に, 偏光子のFDTD解析を行う.まず半導体層にInSbを用いた場合を検討し, 温度に対する周波数特性の変化を調べる. 設計周波数において40 dB以上の消光比が得られるが, 温度が高くなるにつれて消光比のピーク周波数が高周波側にシフトすることを指摘する. さらに, InAsを半導体層に用いた偏光子を解析する. 280~320 Kにおいて1.3~1.65 THzの帯域で20 dB以上の消光比の得られることを明示する. 最後に, InAsを用いた場合の3次元偏光子の検討を行う.3次元偏光子においても2次元偏光子と同等の性能が得られることを示す. 
(英) We propose a TE-pass/TM-stop waveguide polarizer with a semiconductor layer in the terahertz region. First, we investigate a two-dimensional (2-D) polarizer. The eigenmode analysis is carried out for the polarizer section with InSb or InAs being adopted for the semiconductor layer. In this analysis, we calculate the overlap integral between the input eigenmode and the two TM modes of the polarizer section, and the propagation loss of the latter two modes. From these results, we estimate an appropriate buffer thickness. Next, we consider the polarizer using InSb as a semiconductor layer. We investigate the frequency characteristics with respect to temperature changes using the finite-difference time-domain method. It is shown that an extinction ratio of more than 40 dB can be obtained at a designed frequency. However, it is revealed that the peak frequency of an extinction ratio becomes higher as the temperature is increased. Consideration is next given to the polarizer using InAs as a semiconductor layer. The polarizer is found to offer an extinction ratio of more than 20 dB over a frequency range of 1.3 to 1.65 THz from 280 to 320 K. Finally, we investigate a three-dimensional (3-D) polarizer using InAs as a semiconductor layer. It is shown that the comparable performance to the 2-D polarizer can be obtained for the 3-D one.
キーワード (和) 導波路型偏光子 / 消光比 / 表面プラズモンポラリトン(SPP) / InSb / InAs / THz波 / 有限差分時間領域(FDTD)法 /  
(英) Waveguide polarizer / Extinction ratio / Surface plasmon polariton (SPP) / InSb / InAs / Terahertz (THz) wave / Finite-difference time-domain (FDTD) method /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 407, EST2019-98, pp. 97-102, 2020年1月.
資料番号 EST2019-98 
発行日 2020-01-23 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2019-98

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation Technique, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2020-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テラヘルツ帯におけるTE透過/TM除去導波路型偏光子の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of a TE-pass/TM-stop waveguide polarizer in the THz region 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 導波路型偏光子 / Waveguide polarizer  
キーワード(2)(和/英) 消光比 / Extinction ratio  
キーワード(3)(和/英) 表面プラズモンポラリトン(SPP) / Surface plasmon polariton (SPP)  
キーワード(4)(和/英) InSb / InSb  
キーワード(5)(和/英) InAs / InAs  
キーワード(6)(和/英) THz波 / Terahertz (THz) wave  
キーワード(7)(和/英) 有限差分時間領域(FDTD)法 / Finite-difference time-domain (FDTD) method  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 澄玲 / Sumire Takahashi / タカハシ スミレ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 純 / Jun Shibayama / シバヤマ ジュン
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 潤治 / Junji Yamauchi / ヤマウチ ジュンジ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 久松 / Hisamatsu Nakano / ナカノ ヒサマツ
第4著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-31 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2019-98 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EST-2020-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会