お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 11:20
T-FBTS法のノイズ耐性に関する研究
藤吉和樹田中俊幸森山敏文廣重明男長崎大SANE2019-92
抄録 (和) 電磁波を利用した非破壊あるいは非侵襲診断装置の開発を目指して,電磁波逆散乱問題の解析法の一つであるFBTS法を用いて層状媒質中の比誘電率分布の再構成を検討している.FBTS法とは探査領域に電磁波パルスを照射し,その散乱界を観測することで探査領域の媒質定数を推定して,探査領域内に存在する物体の大きさ,位置,種類を推定するための手法である.しかし,FBTS法には莫大な計算時間を必要とする欠点がある.そこで,入射電流源をタイムシフトして連続的に印加し,計算時間を短縮させるタイムシフトFBTS法(T-FBTS法)を提案した.これまでは領域全体を推定してきたが物体の位置を推定することは可能である為,本研究では物体領域のみを推定した場合における,T-FBTS法のノイズ耐性を調査することを目的としている. 
(英) In order to develop a nondestructive or noninvasive diagnostic device using electromagnetic waves, reconstruction of the relative permittivity distribution in the layered medium is studied by using the FBTS method, which is one of methods for analyzing the electromagnetic backscattering problem . The FBTS method is a method for estimating the size, location, and type of an object existing in a search area by irradiating an exploration area with an electromagnetic pulse and estimating the medium constant of the search area by observing the scattering field It is a method. However, the FBTS method has a disadvantage that it requires enormous calculation time. To solve this problem, we proposed a time shift FBTS method (T-FBTS method). Until now, the entire area was estimated, but it is possible to estimate the position of the object. Therefore, the purpose of this study is to investigate the noise tolerance of the T-FBTS method when only the object area is estimated.
キーワード (和) 電磁波 / タイムシフト / FBTS / 逆問題 / 時間領域 / / /  
(英) Electromagnetic Waves / Time-Shift / FBTS / Inverse Problem / Time domain / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 405, SANE2019-92, pp. 45-50, 2020年1月.
資料番号 SANE2019-92 
発行日 2020-01-23 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2019-92

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2020-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) T-FBTS法のノイズ耐性に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on the noise immunity of T-FBTS Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電磁波 / Electromagnetic Waves  
キーワード(2)(和/英) タイムシフト / Time-Shift  
キーワード(3)(和/英) FBTS / FBTS  
キーワード(4)(和/英) 逆問題 / Inverse Problem  
キーワード(5)(和/英) 時間領域 / Time domain  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤吉 和樹 / Kazuki Fujiyoshi / フジヨシ カズキ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 俊幸 / Toshiyuki Tanaka / タナカ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森山 敏文 / Toshihumi Moriyama / モリヤマ トシフミ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣重 明男 / Akio Hiroshige / ヒロシゲ アキオ
第4著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-31 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2019-92 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.45-50 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2020-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会