お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 09:30
DMEの対流圏遅延誤差のワーストケース解析
毛塚 敦上林篤史吉原貴之藤井直樹電子航法研EST2019-90
抄録 (和) 欧州および日本国内の航空航法において大規模空港へのRNPルート導入が検討されている.このRNPルートの飛行には,GNSSが必要であるが,GNSSはジャミングや干渉などにより使用できなくなるケースが数多く報告されている.そこで,GNSSが使用できなくなった場合でも航空容量と安全を維持できるようにDME/DME測位によりRNPルートを飛行可能する検討が開始され,欧州標準化団体であるEUROCAEにおいて標準化が始まった.DME/DME測位をRNPルートに適用するためには,DME地上設備故障時に適切に使用できないことをパイロットに伝達する能力(インテグリティ)の保障が必要になる.本報告ではDME/DME測位の誤差要因の一つとして扱われている対流圏遅延に着目し,国内外における誤差のワーストケースをレイトレース法により明らかにし,インテグリティへのインパクトを定量的に算出したので報告する. 
(英) RNP route implementations to busy airports are being planed to support aircraft navigation in EU, Japan and other countries. GNSS is required to be installed as a navigation equipment to fly RNP air routes. However, GNSS is sometimes unusable due to interferences, intended jammings and satellite faults. Therefore, it is being studied that DME/DME positioning is applied to RNP air routes navigation in order to support aircraft safety and efficiency in case of GNSS losses. Standardization has started in 2018 at EUROCAE which is the European standardization organization. DME ground facilities require ability called "integrity" which informs anomaly to pilots in case that the ground facilities provide undesired position information. This research focused on tropospheric propagation delay which causes ranging error of DME and clarified the impact on the integrity assurance quantitively by worst-case analyses using a ray-tracing method.
キーワード (和) 対流圏遅延 / レイトレース / DME / APNT / RNAV / RNP / インテグリティ /  
(英) Tropospheric Propagation Delay / Ray Tracing / DME / APNT / RNAV / RNP / Integrity /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 407, EST2019-90, pp. 59-62, 2020年1月.
資料番号 EST2019-90 
発行日 2020-01-23 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2019-90

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 別府国際コンベンションセンター(小会議室31) 
開催地(英) Beppu International Convention Center 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation Technique, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2020-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DMEの対流圏遅延誤差のワーストケース解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Worst Case Analysis of DME Tropospheric Propagation Delay 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対流圏遅延 / Tropospheric Propagation Delay  
キーワード(2)(和/英) レイトレース / Ray Tracing  
キーワード(3)(和/英) DME / DME  
キーワード(4)(和/英) APNT / APNT  
キーワード(5)(和/英) RNAV / RNAV  
キーワード(6)(和/英) RNP / RNP  
キーワード(7)(和/英) インテグリティ / Integrity  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 毛塚 敦 / Atsushi Kezuka / ケヅカ アツシ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上林 篤史 / Kambayashi Atsushi / カンバヤシ アツシ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉原 貴之 / Takayuki Yoshihara /
第3著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 直樹 / Naoki Fujii /
第4著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-31 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2019-90 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.59-62 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EST-2020-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会