お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 14:00
航空機搭載高度計による海面高度計測
灘井章嗣NICTSANE2019-96
抄録 (和) 津波波高の予測に地震動から推定された断層モデルを用いた予測が行われてきたが、高精度で津波波高を予測するには、沖合での「実際の」津波波高計測が有効である。沖合で海面水位を計測する手法として航空機搭載高度計の利用を考え、その計測精度に基づきメガ津波予測への適用性を検討した。衛星高度計との比較により、航空機搭載高度計の計測精度は5cm程度であり、メガ津波の予測には十分な精度を有していることが示された。 
(英) Conventionally, prediction of tsunami wave height has been carried out by prediction of a fault model estimated from the ground motion. In order to predict tsunami wave height with high accuracy, it is effective to measure the tsunami wave height off the coast. Regarding an airborne altimeter as a method of measuring sea level water levels offshore, applicability to the prediction of mega tsunami based on its measurement accuracy was examined. Compared with the absolute dynamic topography by the satellite altimeter, the measurement accuracy of the airborne altimeter was about 5~cm. This indicates that the airborne altimeter has sufficient accuracy to predict the mega tsunami.
キーワード (和) 航空機搭載高度計 / 海面水位 / GNSS測位 / 絶対海面力学高度 / メガ津波 / / /  
(英) airborne altimeter / sea level / GNSS / absolute dymanic topogtaphy / mega-tsunamis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 405, SANE2019-96, pp. 67-68, 2020年1月.
資料番号 SANE2019-96 
発行日 2020-01-23 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2019-96

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2020-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 航空機搭載高度計による海面高度計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sea surface height measurement by aitborne radar altimeter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 航空機搭載高度計 / airborne altimeter  
キーワード(2)(和/英) 海面水位 / sea level  
キーワード(3)(和/英) GNSS測位 / GNSS  
キーワード(4)(和/英) 絶対海面力学高度 / absolute dymanic topogtaphy  
キーワード(5)(和/英) メガ津波 / mega-tsunamis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 灘井 章嗣 / Akitsugu Nadai / ナダイ アキツグ
第1著者 所属(和/英) NICT (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-31 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2019-96 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.67-68 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-SANE-2020-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会