お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-31 09:20
災害予見向けのLPWAを用いた静止画伝送装置の実用化
吉岡良真前田和紀大日電子)・河合 智日本マイクロシステムズ)・大塚 晃事業創造大)・佐方陽一大日電子CAS2019-81 ICTSSL2019-50
抄録 (和) 近年のIoT技術の進化に伴い、災害予見のための遠隔監視システムが広がりつつある。そのなかでもLPWAを用いた遠隔監視が注目されている。従来、LPWAにより送信される情報は接点情報と数値情報が主であるが、静止画も伝送することが災害予見のために有効である。今回静止画を伝送できる装置を製作、実用化した。本発表では災害予見向けのLPWAを用いた静止画伝送装置の概要および実証実験について述べる。 
(英) With the advancement of IoT technology in recent years, remote monitoring systems for disaster prediction are spreading. Among them, remote monitoring using LPWA has attracted attention. Conventionally, information transmitted by the LPWA mainly includes contact information and numerical information, but transmitting a still image is also effective for disaster prediction. This time, an equipment capable of transmitting still images was manufactured and put into practical use.
In this presentation, we describe the outline of the still image transmission equipment using LPWA for disaster prediction and the demonstration experiment.
キーワード (和) LPWA / 920MHz / IoT / 災害予見 / / / /  
(英) LPWA / 920MHz / IoT / Disaster prediction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 401, ICTSSL2019-50, pp. 91-95, 2020年1月.
資料番号 ICTSSL2019-50 
発行日 2020-01-23 (CAS, ICTSSL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2019-81 ICTSSL2019-50

研究会情報
研究会 ICTSSL CAS  
開催期間 2020-01-30 - 2020-01-31 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生セッション,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICTSSL 
会議コード 2020-01-ICTSSL-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 災害予見向けのLPWAを用いた静止画伝送装置の実用化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Practical application of still image transmission equipment with LPWA for disaster prediction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LPWA / LPWA  
キーワード(2)(和/英) 920MHz / 920MHz  
キーワード(3)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(4)(和/英) 災害予見 / Disaster prediction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉岡 良真 / Ryoma Yoshioka / ヨシオカ リョウマ
第1著者 所属(和/英) 大日電子株式会社 (略称: 大日電子)
DAINICHI ELECTRONIC CORPORATION (略称: DAINICHI ELECTRONIC CORP.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 和紀 / Kazunori Maeda / マエダ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 大日電子株式会社 (略称: 大日電子)
DAINICHI ELECTRONIC CORPORATION (略称: DAINICHI ELECTRONIC CORP.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 智 / Satoshi Kaai / カアイ サトシ
第3著者 所属(和/英) 日本マイクロシステムズ株式会社 (略称: 日本マイクロシステムズ)
Japan Microsystems Incorporated (略称: Japan Microsystems Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 晃 / Akira Otsuka / オオツカ アキラ
第4著者 所属(和/英) 事業創造大学院大学 (略称: 事業創造大)
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies (略称: Graduate Institute for Entrepreneurial Studies)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐方 陽一 / Youichi Sagata / サガタ ヨウイチ
第5著者 所属(和/英) 大日電子株式会社 (略称: 大日電子)
DAINICHI ELECTRONIC CORPORATION (略称: DAINICHI ELECTRONIC CORP.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-31 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICTSSL 
資料番号 IEICE-CAS2019-81,IEICE-ICTSSL2019-50 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.400(CAS), no.401(ICTSSL) 
ページ範囲 pp.91-95 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2020-01-23,IEICE-ICTSSL-2020-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会