お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-30 13:25
[ポスター講演]静止型SPECTを用いたAt-211治療のイメージング
大越 迪山田宙輝村田一心尾川浩一法政大MI2019-108
抄録 (和) 近年,At-211を用いたα線内部照射療法が注目されている.At-211はα線と同時にX線やγ線も放射するため,これらの放射線を検出すれば,At-211の集積位置を可視化でき,正確な内部照射が行われているかを確認することができる.先行研究において我々は,電子飛跡追跡型コンプトンカメラ(ETCC)を用いたAt-211治療におけるイメージングの有効性を検証したが,検出効率が悪く,良い画質の画像を得ることができなかった.これは,At-211から放射されるγ線の発生確率が低いことや,ETCCの検出効率が低いことなどが原因と考えられる.そこで本研究では,近年研究が進んでいる静止型のマルチピンホールSPECTシステムを用いたAt-211のイメージングの有効性を検証した.その結果,ETCCよりも効率よく光子を収集でき,短いデータ収集時間で高画質の画像が得られることが分かった. 
(英) An alpha-ray irradiation therapy with At-211 has been a recent research interest.
At-211 decays with X and/or gamma-rays, which can be used for imaging of an At-211 distribution.
Although we applied an Electron Tracking Compton Camera (ETCC) to an imaging of the At-211 distribution in our previous study, we could not obtain images with sufficient quality.
This issue was derived from a low decay rate of gamma-rays and low detection efficiency of the ETCC.
In this study, we performed simulations with a static SPECT system with multi-pinhole collimators.
This system detects 79 keV X-rays, which are much more frequently emitted from At-211 than gamma-rays.
As a result of simulations, we obtained reconstructed images of the At-211 distribution with sufficient quality.
キーワード (和) アスタチン211 / 静止型SPECTシステム / 内部照射治療 / マルチピンホールコリメータ / / / /  
(英) astatine-211 / static SPECT system / interstitial therapy / multi-pinhole collimator / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 399, MI2019-108, pp. 189-192, 2020年1月.
資料番号 MI2019-108 
発行日 2020-01-22 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2019-108

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2020-01-29 - 2020-01-30 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) OKINAWAKEN SEINENKAIKAN 
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2020-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 静止型SPECTを用いたAt-211治療のイメージング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) At-211 imaging with a static SPECT system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アスタチン211 / astatine-211  
キーワード(2)(和/英) 静止型SPECTシステム / static SPECT system  
キーワード(3)(和/英) 内部照射治療 / interstitial therapy  
キーワード(4)(和/英) マルチピンホールコリメータ / multi-pinhole collimator  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大越 迪 / Michi Okoshi / オオコシ ミチ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 宙輝 / Hiroki Yamada / ヤマダ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 一心 / Kazumi Murata / ムラタ カズミ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾川 浩一 / Koichi Ogawa / オガワ コウイチ
第4著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-30 13:25:00 
発表時間 45 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2019-108 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.189-192 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2020-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会