お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-30 09:40
[ショートペーパー]病理診断支援に向けたラマン分光法-OCTシステムの構築
植田祐未中野和也大西 峻立川華子廣野誠一郎岩立康男羽石秀昭千葉大MI2019-97
抄録 (和) 術中迅速病理診断は手術中に摘出された組織からがんか判定するために行われる.通常の病理診断に比べ短時間で行える一方,作業が煩雑である.そこで本研究では,組織特性を簡易的に取得可能なラマン分光法(Raman Spectroscopy,RS),光干渉断層計(Optical Coherence Tomography,OCT)を利用した術中病理診断の支援を目指す.腫瘍モデルマウスをRS-OCTシステムで計測し,特徴解析を行った.その結果,スペクトルと断面構造の違いがそれぞれのモダリティから確認された.また,RS,OCTそれぞれの解析結果とそれらを組み合わせたデータに対し判別分析を行った結果,両者を組み合わせたシステムによる腫瘍判別の有効性が示唆された. 
(英) Pathological diagnosis during surgery is performed to determine the area which have to be removed. Although it can be performed in a shorter time than normal pathological diagnosis, the procedure is complicated. In this study, we aim to support pathological diagnosis during surgery using Raman spectroscopy (RS) and optical coherence tomography (OCT), which can easily acquire tissue properties. We measured RS and OCT signals with RS-OCT system and analyzed them. As a result, differences of spectrum and structure between tumor and non-tumor were observed from RS and OCT data, respectively. In addition, discriminant analysis was performed to the RS data, OCT data and RS-OCT data. From this analysis, the effectiveness of tumor discrimination by the system was suggested.
キーワード (和) ラマン分光法 / Optical Coherence Tomography / 術中迅速病理診断 / / / / /  
(英) Raman Spectroscpy / Optical Coherence Tomography / Pathological diagnosis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 399, MI2019-97, pp. 147-148, 2020年1月.
資料番号 MI2019-97 
発行日 2020-01-22 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2019-97

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2020-01-29 - 2020-01-30 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) OKINAWAKEN SEINENKAIKAN 
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2020-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 病理診断支援に向けたラマン分光法-OCTシステムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Combined System of Raman Spectroscopy and Optical Coherence Tomography for Pathological Diagnosis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ラマン分光法 / Raman Spectroscpy  
キーワード(2)(和/英) Optical Coherence Tomography / Optical Coherence Tomography  
キーワード(3)(和/英) 術中迅速病理診断 / Pathological diagnosis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 植田 祐未 / Yumi Ueda / ウエダ ユウミ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 和也 / Kazuya Nakano / ナカノ カズヤ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 峻 / Takashi Ohnishi / オオニシ タカシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 立川 華子 / Hanako Tatekawa / タテカワ ハナコ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣野 誠一郎 / Seiichiro Hirono / ヒロノ セイイチロウ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩立 康男 / Yasuo Iwadate / イワダテ ヤスオ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽石 秀昭 / Hideaki Haneishi / ハネイシ ヒデアキ
第7著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-30 09:40:00 
発表時間 10 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2019-97 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.147-148 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MI-2020-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会