お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-30 15:10
MRAを使用した脳動脈瘤の破裂に関連する画像特徴量の調査
山之内雅幸小倉記念病院)・有村秀孝九大MI2019-120
抄録 (和) 脳動脈瘤の破裂はくも膜下出血を引き起こし,生命予後を左右する深刻な状態となる可能性がある.本研究では,脳動脈瘤破裂の確率は脳動脈瘤のサイズだけでなく,領域内の不均一性と関係するという仮説を立てた.本研究の目的は脳動脈瘤検査用画像を用い脳動脈瘤破裂に関係する画像特徴量を検討することである.使用した症例はフォローアップ症例33件と経過観察中に破裂した脳動脈瘤症例10件である.脳動脈瘤検査目的のmagnetic resonance angiography (MRA) 画像から脳動脈瘤領域を選択し,その領域内で488種の画像特徴量を算出し,二群間で平均値の統計的有意差を検討した.その結果,脳動脈瘤破裂に関係する232の画像特徴量を選択した. 
(英) Ruptures of intracranial aneurysms are serious conditions resulting in subarachnoid hemorrhage. We hypothesized that the probability of aneurysm ruptures would be associated with geometrical size as well as heterogeneity. The purpose of this study was to explore image features on magnetic resonance angiography (MRA) images associated with the ruptures of intracranial aneurysms. The MRA images including 33 follow-up (FU) cases and 10 ruptured aneurysm (RA) cases were chosen for this study. 488 texture features of the aneurysms were derived within aneurysm regions. Each image feature was tested based on a p-value representing statistically significant difference in means between FU and RA cases by using Student’s t test or Welch’s t test according to the statistical property of each image feature. 232 significant features in 488 features such as LLH_Contrast (p=1.02x10-8), LLH_SRHGE (p=1.70x10-8), and LLH_HGRE (p=5.11x10-8) were discovered as significant features. The 232 image features might be employed for prediction of aneurysm ruptures by monitoring the features on MRA images.
キーワード (和) 脳動脈瘤 / 破裂 / 画像特徴量 / テクスチャ解析 / / / /  
(英) Intracranial Aneurysms / Ruptures / Image Features / Texture Analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 399, MI2019-120, pp. 235-236, 2020年1月.
資料番号 MI2019-120 
発行日 2020-01-22 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2019-120

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2020-01-29 - 2020-01-30 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) OKINAWAKEN SEINENKAIKAN 
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2020-01-MI 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) MRAを使用した脳動脈瘤の破裂に関連する画像特徴量の調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Exploration of image features associated with ruptures of intracranial aneurysms using magnetic resonance angiography 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳動脈瘤 / Intracranial Aneurysms  
キーワード(2)(和/英) 破裂 / Ruptures  
キーワード(3)(和/英) 画像特徴量 / Image Features  
キーワード(4)(和/英) テクスチャ解析 / Texture Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山之内 雅幸 / Masayuki Yamanouchi / ヤマノウチ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 一般財団法人平成紫川会 小倉記念病院 (略称: 小倉記念病院)
Kokura Memorial Hospital (略称: KMH)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 有村 秀孝 / Hidetaka Arimura /
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-30 15:10:00 
発表時間 10 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2019-120 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.235-236 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-MI-2020-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会