お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-29 09:55
One-class SVMを用いた病変強調によるFDG-PET/CT上の頸胸部病変の自動検出
田中敦子根本充貴甲斐田勇人木村裕一永岡 隆山田誉大牛房和之近畿大)・花岡宏平近畿大病院)・北島一宏兵庫医科大)・槌谷達也兵庫医科大病院)・石井一成近畿大MI2019-67
抄録 (和) one-class SVM(OCSVM)による異常検知を用いた病変強調によるFDG-PET/CT上の頚胸部原発性・転移性病変検出法を提案する。提案手法は、左右肺および頸縦隔領域の自動抽出、正常画素データを学習したOCSVMによる異常画素検知、計測異常度に基づく病変候補検出からなる。臨床FDG-PET/CT を用いた評価実験で提案法の有用性を確認した。また従来手法であるマハラノビス距離を使用した異常検知処理による病変強調及び検出法との比較を行い、本提案法の有効性を確認した。 
(英) We propose an anomaly detection based method to detect primary and metastatic lesions in the cervical and thoracic region on FDG-PET/CT by lesion enhancement using one-class SVM (OCSVM). The first step of the proposed method is the automatic extraction of bilateral lungs, cervical region, and the mediastinal region. Secondary, voxel abnormality is measured at each voxel in the extracted regions by organ-specific OCSVMs, that have been trained by normal voxel data previously. Next, lesion candidates are detected by the thresholding process for the voxel abnormalities. In the evaluation using clinical FDG-PET/CT, we confirmed the effectiveness of the proposed method by comparison of the lesion detection performances between the proposed method and our previous method using the Mahalanobis distance.
キーワード (和) one-class SVM / 異常検知 / FDG-PET/CT / コンピュータ支援診断 / / / /  
(英) one-class SVM / anomaly detection / FDG-PET/CT / computer aided diagnosis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 399, MI2019-67, pp. 11-14, 2020年1月.
資料番号 MI2019-67 
発行日 2020-01-22 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2019-67

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2020-01-29 - 2020-01-30 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) OKINAWAKEN SEINENKAIKAN 
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2020-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) One-class SVMを用いた病変強調によるFDG-PET/CT上の頸胸部病変の自動検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automated dection for neck and thoracic lesions on FDG-PET/CT by lesion enhancement using one-class SVM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) one-class SVM / one-class SVM  
キーワード(2)(和/英) 異常検知 / anomaly detection  
キーワード(3)(和/英) FDG-PET/CT / FDG-PET/CT  
キーワード(4)(和/英) コンピュータ支援診断 / computer aided diagnosis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 敦子 / Atsuko Tanaka / タナカ アツコ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Uni)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 根本 充貴 / Mitsutaka Memoto / ネモト ミツタカ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Uni)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲斐田 勇人 / Hayato Kaida / カイダ ハヤト
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Uni)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 裕一 / Yuichi Kimura / キムラ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Uni)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 永岡 隆 / Takashi Nagaoka / ナガオカ タカシ
第5著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Uni)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 誉大 / Takahiro Yamada / ヤマダ タカヒロ
第6著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Uni)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 牛房 和之 / Kazuyuki Ushifusa / ウシフサ カズユキ
第7著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Uni)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 花岡 宏平 / Kohei Hanaoka / ハナオカ コウヘイ
第8著者 所属(和/英) 近畿大学病院 (略称: 近畿大病院)
Kindai University Hospital (略称: Kindai Uni Hosp)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 北島 一宏 / Kazuhiro Kitajima / キダジマ カズヒロ
第9著者 所属(和/英) 兵庫医科大学 (略称: 兵庫医科大)
Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo Col of Med)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 槌谷 達也 / Tatsuya Tsuchitani / ツチタニ タツヤ
第10著者 所属(和/英) 兵庫医科大学病院 (略称: 兵庫医科大病院)
Hospital of Hyogo College of Medicine (略称: Hosp of Hyogo Col of Med)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 一成 / Kazunari Ishii / イシイ カズナリ
第11著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kindai University (略称: Kindai Uni)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-29 09:55:00 
発表時間 10 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2019-67 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.11-14 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2020-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会