お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-29 13:20
[ショートペーパー]PET/CT画像および統計的画像を用いた悪性腫瘍の自動抽出法
羽賀愛美原 武史岐阜大)・伊藤 哲加藤正也総合大雄会病院)・松迫正樹聖路加国際病院)・周 向栄岐阜大)・片渕哲朗岐阜医療科学大)・藤田広志岐阜大MI2019-83
抄録 (和) 本研究では,Z-score画像を用いて,FDG PET/CT画像から悪性腫瘍の自動抽出を行った.提案法では,PET画像の解剖学的標準化を行うため,CT画像からGraphCutを用いて半自動抽出された臓器領域を基に,Landmarkを設定した.解剖学的標準化を行ったあと,正常画像群から平均画像と標準偏差画像を作成し,Z-scoreを算出して画像化した.異常領域の候補領域は,Z-scoreのヒストグラムから動的に閾値を決定し,二値化処理を行うことで抽出した.偽陽性領域は,異常領域の候補領域におけるPET画像とZ-score画像を畳み込みニューラルネットワークに入力して判別し,削除した.65症例に対して実験を行った結果,感度が79.8%の時,偽陽性は1症例当たり22.7個であった. 
(英) The purpose of this study was to develop an automated detection system of tumors in FDG-PET/CT images. In this work, an anatomical standardization process was performed based on landmarks on organs’ surfaces determined by semi-automated GraphCut method on CT images. After the anatomical standardization of FDG-PET images, the Z-score images in each patient were obtained from the mean and the standard deviation images. Suspicious regions on FDG-PET images were determined using a dynamic thresholding approach and labeling methods. An convolutional neural network was used to discriminate the remaining regions as false-positive areas. Detection performance was evaluated 65 PET/CT cases. The performance was 79.8% sensitivity with 22.7 marks per case.
キーワード (和) PET / SUV / Z-score / / / / /  
(英) PET / SUV / Z-score / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 399, MI2019-83, pp. 77-81, 2020年1月.
資料番号 MI2019-83 
発行日 2020-01-22 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2019-83

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2020-01-29 - 2020-01-30 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) OKINAWAKEN SEINENKAIKAN 
テーマ(和) 医用画像工学一般 
テーマ(英) Medical Image Engineering, Analysis, Recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2020-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PET/CT画像および統計的画像を用いた悪性腫瘍の自動抽出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic segmentation of malignant tumors using PET/CT images and statistical images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PET / PET  
キーワード(2)(和/英) SUV / SUV  
キーワード(3)(和/英) Z-score / Z-score  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽賀 愛美 / Manami Haga / ハガ マナミ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第2著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 哲 / Satoshi Ito / イトウ サトシ
第3著者 所属(和/英) 総合大雄会病院 (略称: 総合大雄会病院)
Daiyukai General Hospital (略称: Daiyukai Hospital)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 正也 / Masaya Kato / カトウ マサヤ
第4著者 所属(和/英) 総合大雄会病院 (略称: 総合大雄会病院)
Daiyukai General Hospital (略称: Daiyukai Hospital)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松迫 正樹 / Masaki Matsusako / マツサコ マサキ
第5著者 所属(和/英) 聖路加国際病院 (略称: 聖路加国際病院)
St.Luke's International Hospital (略称: St.Luke's Hospital)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 向栄 / Zhou Xiangrong / シュウ コウエイ
第6著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 片渕 哲朗 / Tetsuro Katafuchi / カタフチ テツロウ
第7著者 所属(和/英) 岐阜医療科学大学 (略称: 岐阜医療科学大)
Gifu University of Medical Science (略称: Gifu Univ. of Medical Science)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita / フジタ ヒロシ
第8著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-29 13:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2019-83 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.399 
ページ範囲 pp.77-81 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MI-2020-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会