お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-27 14:30
スクリーンショット時にURLを埋め込むiPhoneアプリの開発
南後建太川村正樹山口大EMM2019-97
抄録 (和) スクリーンショット時に取得したWebページのURLを,電子透かし法を用いてスクリーンショット画像に埋め込むiPhone アプリを開発している.携帯端末では,スクリーンショットはWebページのメモとして取られている.しかしながら、通常のスクリーンショット画像からそのURLを知ることはできない.Webページを見たい場合は,そのページを再度,検索しなければならない.本研究では,予めURLをスクリーンショット画像に埋め込むことにより,スクリーンショット画像からURLを抽出することができるiPhone アプリを開発した.ここで,URLの各文字を2値化したものを埋め込み情報とした.本アプリによって、スクリーンショット画像からそのWebページを再度、簡単に見ることができる. 我々のアプリが正しく動作するかを検証した.さらに,スクリーンショット画像の画質と,埋め込み情報のビット誤り率を評価した.その結果,ビット誤り率はほぼ一定であった.また,URLが長くなるほど画質は悪化したが,いずれも40 dB以上の画質があった.従って,本アプリは画質の良いスクリーンショット画像を生成できた. 
(英) We are developing an iPhone application which can embed a URL into a screenshot image of a web page by using digital watermarking techniques at taking screenshot. A lot of screenshots are taken on mobile devices as memos of some web pages. However, one cannot get the URLs of the web pages from the usual screenshot images. Those who want to see the web page have to search it again. In this work, we developed an iPhone application which can store the URL in a screenshot image at taking screenshot and then can retrieve the URL from the screenshot image. Each alphabet of URL is converted into a binary watermark. By using our application, one can easily see the web page from the screenshot image again. We examined that our application functioned correctly. Moreover, we evaluated the quality of screenshot
images and the bit error rate (BER) of watermarks. As a result, the BER was almost constant. Although the image quality became worse as the length of URL was larger, all PSNRs were over 40 dB. Therefore,
our application could make good quality screenshot images.
キーワード (和) iPhoneアプリ / スクリーンショット / 電子透かし / URL / / / /  
(英) iPhone Application / screenshot / digital watermark / URL / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 396, EMM2019-97, pp. 17-21, 2020年1月.
資料番号 EMM2019-97 
発行日 2020-01-20 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2019-97

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2020-01-27 - 2020-01-27 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 臨場感生成,ユニバーサルメディア,ディジタルエンタテインメント,一般 
テーマ(英) Sense of Presence, Universal Media, Digital Entertainment, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2020-01-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スクリーンショット時にURLを埋め込むiPhoneアプリの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) iPhone application development to embed URL at taking screenshots 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) iPhoneアプリ / iPhone Application  
キーワード(2)(和/英) スクリーンショット / screenshot  
キーワード(3)(和/英) 電子透かし / digital watermark  
キーワード(4)(和/英) URL / URL  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 南後 建太 / Kenta Nango / ナンゴ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 正樹 / Masaki Kawamura / カワムラ マサキ
第2著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-27 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2019-97 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.396 
ページ範囲 pp.17-21 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMM-2020-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会