お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-27 15:20
音響データハイディングを用いた防災放送システムに関する研究プロジェクト
小嶋徹也池口恭司東京高専)・先村律雄木村清和井上和真群馬高専EMM2019-99
抄録 (和) 音響データハイディングを用いた防災無線システムが提案されている.このシステムでは,防災無線で使用されるサイレン音に災害情報などを埋め込み,スピーカから放送する.受信側では,スマートフォンなどの端末で放送されたサイレン音を録音し,録音された音響信号から埋め込まれた災害情報を抽出して,端末のディスプレイに表示する.これにより,大規模災害時などにインターネット回線や電話回線網を使用することなく,音響信号のみによる情報伝送が可能となる.これまでに,屋内の通信環境下でスピーカから受信端末までの距離が約 15m 以内であれば,ほとんど誤りなしに情報伝送が可能であることが確認されている.本報告では,本研究プロジェクトにおいてこれまでに達成されてきた成果について述べ,現在進めている研究内容について紹介する. 
(英) The authors have proposed a disaster prevention broadcasting system based on audio data hiding scheme. In this system, messages regarding disasters are embedded into siren sounds by using audio data hiding techniques, and transmitted from a loud speaker without any internet connections and telephone networks. The embedded messages can be extracted from the recorded siren sound at the receiver such as a smartphone or a tablet, and displayed visually on the screen. In the previous studies, it has been shown that the messages can be transmitted with almost no errors within around 15m distance between the loud speaker and the receiver in an indoor scenario. In this report, we introduce the primal results on this study as well as some research projects currently tackled by the authors' groups.
キーワード (和) 防災無線 / 音響データハイディング / サイレン音 / スピーカ / UAV / / /  
(英) disaster prevention broadcasting / audio data hiding / siren sound / speaker / UAV / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 396, EMM2019-99, pp. 27-30, 2020年1月.
資料番号 EMM2019-99 
発行日 2020-01-20 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMM2019-99

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2020-01-27 - 2020-01-27 
開催地(和) 東北大学 青葉山キャンパス 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 臨場感生成,ユニバーサルメディア,ディジタルエンタテインメント,一般 
テーマ(英) Sense of Presence, Universal Media, Digital Entertainment, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2020-01-EMM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音響データハイディングを用いた防災放送システムに関する研究プロジェクト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research Projects on Disaster Prevention Broadcasting Systems Using Audio Data Hiding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 防災無線 / disaster prevention broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 音響データハイディング / audio data hiding  
キーワード(3)(和/英) サイレン音 / siren sound  
キーワード(4)(和/英) スピーカ / speaker  
キーワード(5)(和/英) UAV / UAV  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶋 徹也 / Tetsuya Kojima / コジマ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology, Tokyo College (略称: NIT, Tokyo College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池口 恭司 / Takashi Ikeguchi / イケグチ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology, Tokyo College (略称: NIT, Tokyo College)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 先村 律雄 / Ritsuo Sakimura / サキムラ リツオ
第3著者 所属(和/英) 群馬工業高等専門学校 (略称: 群馬高専)
National Institute of Technology, Gumma College (略称: NIT, Gumma College)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 清和 / Kiyokazu Kimura / キムラ キヨカズ
第4著者 所属(和/英) 群馬工業高等専門学校 (略称: 群馬高専)
National Institute of Technology, Gumma College (略称: NIT, Gumma College)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 和真 / Kazuma Inoue / イノウエ カズマ
第5著者 所属(和/英) 群馬工業高等専門学校 (略称: 群馬高専)
National Institute of Technology, Gumma College (略称: NIT, Gumma College)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-27 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2019-99 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.396 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMM-2020-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会