お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-26 10:30
対話行為を表す機能語の獲得 ~ 自動的な処理と意識的な処理を統合したモデルの構築 ~
松島 茜岡 夏樹深田 智京都工繊大)・吉村優子金沢大)・川原功司名古屋外国語大HCS2019-70
抄録 (和) 相手の発話の対話行為(質問,依頼,申し出,陳述のような発語内行為のレベルでの発話意図)を推測できることは,意図共有の第一歩として重要であるが,このレベルの発話意図の識別には機能語が有用である(O’Shea, Bandar, & Crockett, 2012).我々は,人の情報処理の特徴を自動的な処理と意識的な処理から成ることであると考え,両者を統合したモデルを構築することにより発話意図を表す機能語の獲得のメカニズムを構成的に理解することを目指している.Matsushima, Oka, Fukada, & Tanaka (2019)は,自動的な処理(強化学習)と意識的な処理(ベイズ推論)を組み合わせたモデルを構築した.しかしこのモデルはある程度発達した後の状態を研究者が設計して実装したものであり,終助詞の獲得段階の子どものモデルにはなっていない.本論文では終助詞の獲得段階の子どもの発達のモデル化に向けて,ミラーニューロンシステム(MNS)や心の理論(ToM)についての認知科学・脳科学分野での知見を参照しつつ,ToMを構成する概念(自己・他者それぞれの知覚・欲求等とその内容)の獲得とそれへの記号接地過程のモデル化を試みる構想を記す.より具体的には,次のような記号接地を構想している.「リンゴ」や「おいしい」を自己の知覚表象に接地し,MNSの働きにより他者の知覚表象にも接地する.「ね」は(より原初的な欲求の接地に基づき)『自他の知覚表象が一致していることを確認したいという欲求』に接地する.さらに,ToMを構成する概念への記号接地の進行に応じて複雑化する意識的な処理のモデル化を検討する. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 言語獲得 / 対話行為 / 強化学習 / ベイズ推論 / 終助詞 / 心の理論 / ミラーニューロンシステム /  
(英) Dialogue act / Sentence-final particles / Reinforcement learning / Explicit/implicit theory of mind / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 394, HCS2019-70, pp. 93-98, 2020年1月.
資料番号 HCS2019-70 
発行日 2020-01-18 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード HCS2019-70

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2020-01-25 - 2020-01-26 
開催地(和) J:COM ホルトホール大分 407会議室 (大分県大分市) 
開催地(英) Room407, J:COM HorutoHall OITA (Oita) 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2020-01-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 対話行為を表す機能語の獲得 
サブタイトル(和) 自動的な処理と意識的な処理を統合したモデルの構築 
タイトル(英) Acquisition of Function Words That Represent Dialogue Acts 
サブタイトル(英) Constructing a Hybrid Model of Automatic and Deliberate Processing 
キーワード(1)(和/英) 言語獲得 / Dialogue act  
キーワード(2)(和/英) 対話行為 / Sentence-final particles  
キーワード(3)(和/英) 強化学習 / Reinforcement learning  
キーワード(4)(和/英) ベイズ推論 / Explicit/implicit theory of mind  
キーワード(5)(和/英) 終助詞 /  
キーワード(6)(和/英) 心の理論 /  
キーワード(7)(和/英) ミラーニューロンシステム /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松島 茜 / Akane Matsushima / マツシマ アカネ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Institute of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 夏樹 / Natsuki Oka / オカ ナツキ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Institute of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 深田 智 / Chie Fukada / フカダ チエ
第3著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Institute of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 優子 / Yuko Yoshimura / ヨシムラ ユウコ
第4著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 功司 / Koji Kawahara / カワハラ コウジ
第5著者 所属(和/英) 名古屋外国語大学 (略称: 名古屋外国語大)
Nagoya University of Foreign Studies (略称: Nagoya University of Foreign Studies)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-26 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2019-70 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.394 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2020-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会