お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-25 10:10
カオスニューラルネットワークリザバーの音声認識への応用
井上理哲人福田佳祐堀尾喜彦東北大NLP2019-103
抄録 (和) リカレントニューラルネットワークを用いた学習ネットワークモデルであるニューラルネットワークリザバーのダイナミクスを多様化させる1つの手法として,カオスニューラルネットワークリザバーが提案されている.本稿では,カオスニューラルネットワークリザバーを用いて音声認識を行い,通常のニューラルネットワークリザバーとの比較を行う.シミュレーション結果より,カオスニューラルネットワークリザバーの方が通常のニューラルネットワークリザバーより少ないニューロン数で高い性能を持つ事を示す. 
(英) The neural network reservoir is a learning network model using the recurrent neural network. The chaotic neural network reservoir has been proposed as an effective method for introducing various dynamics in the reservoir neural network. In this paper, we use a speech recognition task to compare the performance of the chaotic neural network reservoir to that of an ordinary reservoir neural network. From simulation results, we confirm that the chaotic neural network reservoir has better performance with fewer number of neurons than the conventional reservoir neural network.
キーワード (和) リザバーコンピューティング / カオスニューラルネットワークリザバー / 音声認識 / / / / /  
(英) reservoir computing / chaotic neural network reservoir / speech recognition / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 381, NLP2019-103, pp. 95-98, 2020年1月.
資料番号 NLP2019-103 
発行日 2020-01-16 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2019-103

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-25 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英) Miyakojima Marine Terminal 
テーマ(和) NC, NLP, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2020-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオスニューラルネットワークリザバーの音声認識への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of Chaotic Neural Network Reservoir to Speech Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リザバーコンピューティング / reservoir computing  
キーワード(2)(和/英) カオスニューラルネットワークリザバー / chaotic neural network reservoir  
キーワード(3)(和/英) 音声認識 / speech recognition  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 理哲人 / Maakito Inoue / イノウエ マアキト
第1著者 所属(和/英) 東北大学 電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 佳祐 / Keisuke Fukuda / フクダ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀尾 喜彦 / Yoshihiko Horio / ホリオ ヨシヒコ
第3著者 所属(和/英) 東北大学電気通信研究所 (略称: 東北大)
Research Institute of Electrical Communication, Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-25 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2019-103 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.381 
ページ範囲 pp.95-98 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会