お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 14:50
統合システムスループットを最大化する複数サービスチャネル間の基地局間連携NOMA
志熊輝晃樋口健一東京理科大IT2019-78 SIP2019-91 RCS2019-308
抄録 (和) 本稿では,筆者らのこれまでの検討を統合する形で統合システムスループットを最大化する基地局連携型の非直交多元接続(NOMA: non-orthogonal multiple access)を提案する.提案法では基地局間で連携する時間・周波数領域スケジューリングと各基地局においてシリアル干渉キャンセラ(SIC: successive interference canceller)を用いたNOMAに基づくサービスチャネルの多重を,実現される統合システムスループットの観点から最適化するものである.提案法において増加が予想される演算量を低減するため,基地局間連携を行う範囲の限定や,NOMAにおける電力割り当て法をより簡易な準最適送信電力割り当て法を用いたときの特性劣化量も評価を行う.計算機シミュレーションにより,提案法はチャネル状態の悪いセル境界に位置していた端末のスループットを改善することができ,システムがサービスや端末間の公平性を考慮する必要があるとき大きな改善効果が得られること,および基地局間連携範囲の限定や準最適な送信電力割り当て法を用いたときの特性劣化の評価を示す. 
(英) We propose a non-orthogonal multiple access (NOMA)-based inter-base station (BS) cooperative scheduling method among terminals in multiple service channels to maximized the integrated system throughput. The proposed method optimizes coordinated time/frequency-domain scheduling with inter-BS cooperation and the radio resource allocation using NOMA with successive interference canceller (SIC) from the perspective of integrated system throughput. In the proposed method, the numerical complexity is expected to increase. Therefore, we evaluate the effectiveness of the proposed method narrowing the area of inter-BS cooperation. We also evaluate not only optimal transmission power allocation but also several candidates of simple but sub-optimal transmission power allocation. Computer simulation results reveals that the effectiveness of the proposed method is significant when the system prioritizes the fairness among terminals (including fairness among services). Furthermore, we investigate the level of the performance degradation when we restrict inter-BS cooperation and use the proposed sub-optimal transmission power allocation strategies compared to the case with optimal power allocation.
キーワード (和) 非直交多元接続 / 基地局間連携 / 帯域割り当て / 電力割り当て / eMBB / mMTC / URLLC /  
(英) Non-orthogonal multiple access / inter-base station cooperation / bandwidth allocation / power allocation / eMBB / mMTC / URLLC /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 378, RCS2019-308, pp. 247-253, 2020年1月.
資料番号 RCS2019-308 
発行日 2020-01-16 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-78 SIP2019-91 RCS2019-308

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 広島市青少年センター 
開催地(英) Hiroshima City Youth Center 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2020-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 統合システムスループットを最大化する複数サービスチャネル間の基地局間連携NOMA 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Inter-Base Station Cooperative NOMA Among Multiple Downlink Service Channels to Maximize Integrated System Throughput 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非直交多元接続 / Non-orthogonal multiple access  
キーワード(2)(和/英) 基地局間連携 / inter-base station cooperation  
キーワード(3)(和/英) 帯域割り当て / bandwidth allocation  
キーワード(4)(和/英) 電力割り当て / power allocation  
キーワード(5)(和/英) eMBB / eMBB  
キーワード(6)(和/英) mMTC / mMTC  
キーワード(7)(和/英) URLLC / URLLC  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 志熊 輝晃 / Teruaki Shikuma / シクマ テルアキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2019-78,IEICE-SIP2019-91,IEICE-RCS2019-308 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.376(IT), no.377(SIP), no.378(RCS) 
ページ範囲 pp.247-253 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-IT-2020-01-16,IEICE-SIP-2020-01-16,IEICE-RCS-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会