お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 09:50
[ショートペーパー]Tensor SOMを用いたグループディスカッションにおける幼児間のインタラクションの可視化
楠元啓介堀尾恵一古川徹生九工大NC2019-61
抄録 (和) われわれの目標は幼稚園・保育園における園児の人間関係および社会性の発達状況を可視化することである.本研究ではグループディスカッションにおける園児の行動計測から園児間インタラクションの可視化を試みた.われわれは同型的行動に着目し,同型的行動の先行-追従の頻度をテンソル自己組織化マップで可視化することで園児間インタラクションの可視化を試みた. 
(英) Our aim is to visualize the relationship between children and their social developmental states in a kindergarten. In this work, we focused on the imitation behaviors among the children during the group discussion sessions. We visualized the leading--following frequencies of imitation behaviors by using the tensor self-organizing map.
キーワード (和) 人間関係解析 / 社会性発達可視化 / 同型的行動 / / / / /  
(英) human relation analysis / visualization of social development / imitation behavior / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 382, NC2019-61, pp. 13-16, 2020年1月.
資料番号 NC2019-61 
発行日 2020-01-16 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2019-61

研究会情報
研究会 NLP NC  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-25 
開催地(和) 宮古島マリンターミナル 
開催地(英) Miyakojima Marine Terminal 
テーマ(和) NC, NLP, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2020-01-NLP-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Tensor SOMを用いたグループディスカッションにおける幼児間のインタラクションの可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visualization of children's interactions in the group discussion by Tensor SOM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人間関係解析 / human relation analysis  
キーワード(2)(和/英) 社会性発達可視化 / visualization of social development  
キーワード(3)(和/英) 同型的行動 / imitation behavior  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 楠元 啓介 / Keisuke Kusumoto / クスモト ケイスケ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀尾 恵一 / Keiichi Horio / ホリオ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 徹生 / Tetsuo Furukawa / フルカワ テツオ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2019-61 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.382 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NC-2020-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会