お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2020-01-24 10:35
[ポスター講演]Non-overlapped DFD (Depth-fused 3D)表示において、5 m以上から遠距離観察した場合の3D像の視域と融合可能領域
迎山誠志朗高野瑠衣水科晴樹陶山史朗徳島大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) Non-overlapped DFD (Depth-fused 3D)表示における奥行き融合が可能な視域の拡大と遠距離観察時の奥行きの拡大の可能性を明らかにした.Non-overlapped DFD表示における遠距離観察時の視域と融合可能領域は明らかにするため,面間と視距離を変化させた場合の奥行き知覚特性を評価した.その結果,Non-overlapped DFD表示方式における面間の視域は,従来のDFD表示方式の面間の視域より拡大できることを明らかにした. 
(英) We have clarified the possibility of enlarging the viewing angle and depth between front and rear planes in Non-overlapped DFD (Depth-fused 3D) display for long-distance observation. In order to clarify the viewing area and the depth-fusion area in long-distance observation in Non-overlapped DFD display, we evaluated the depth perception characteristics when front-rear depth and the viewing distance were changed. The viewing angle and front-rear depth in the Non-overlapped DFD display can be larger than those in the DFD display.
キーワード (和) Non-overlapped DFD表示 / DFD表示 / 融合面 / / / / /  
(英) Non-overlapped DFD Display / DFD / Perceived depth / Viewing area / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEIJ-SSL SID-JC IEE-EDD  
開催期間 2020-01-23 - 2020-01-24 
開催地(和) 鳥取大鳥取キャンパス 
開催地(英) Tottori Univ. 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-IDY 
会議コード 2020-01-IDY-EID-SSL-JC-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Non-overlapped DFD (Depth-fused 3D)表示において、5 m以上から遠距離観察した場合の3D像の視域と融合可能領域 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Viewing area and depth fusion area of 3D image at large observation distance over 5 m in Non-overlapped DFD (Depth-fused 3D) display, 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Non-overlapped DFD表示 / Non-overlapped DFD Display  
キーワード(2)(和/英) DFD表示 / DFD  
キーワード(3)(和/英) 融合面 / Perceived depth  
キーワード(4)(和/英) / Viewing area  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 迎山 誠志朗 / Seishiro Mukaeyama /
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 瑠衣 / Rui Takano /
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Haruki Mizushina /
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 史朗 / Shiro Suyama /
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2020-01-24 10:35:00 
発表時間
申込先研究会 ITE-IDY 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.385 
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会